• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

7月スタート! 見逃したくない新ドラマを一挙紹介~前編

2015年7月3日

【働く女性の現場/旬の若手俳優】おすすめドラマをリストアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 夏らしく、フレッシュな顔ぶれが並んだ7月クールドラマ。昨年4月期に放送され、平均視聴率16.0%でクールNo.1をとった『花咲舞が黙ってない』の続編が話題だが、ほかにも、女性が主人公で働く女性の共感を誘う、ポジティブな作品がラインアップされている。『ホテルコンシェルジュ』では西内まりやが、『37.5℃の涙』では蓮佛美沙子がともにGP帯(ゴールデン・プライム帯、19時~23時)初主演。『エイジハラスメント』では、武井咲が職場でのハラスメントに立ち向かう。

 そのほか、福士蒼汰や菅田将暉、窪田正孝ら注目の若手主演作もある。イベントなどで在宅率が低くなる傾向にあり、苦戦を強いられることが多いと言われる夏ドラマだが、可能性が未知数で期待できる作品がそろった。前半では、新作ドラマの中から、「“働く女性”の現場」「旬の若手俳優」に注目して紹介する。(後編は明日公開)

働く女性のリアルに迫る

7月8日スタート/水曜22時/日テレ系

昨年のヒット作が再び登場
銀行の「臨店班」が活躍する痛快ドラマ

『花咲舞が黙ってない』
(編集部のおススメ度 ★★★

 池井戸潤原作、杏主演で昨年4月期にヒットしたドラマの第2弾。メガバンク・東京第一銀行を舞台に、全国の支店で起きる現金紛失、情報漏えい、粉飾決算などの不祥事の数々を、地位も権力もない「臨店班」の舞(杏)と相馬(上川隆也)のコンビが解決していく。「お言葉を返すようですが」と、間違いを質す舞の決めゼリフは健在。主要な登場人物はそのままに、舞に恋心を抱く五反田支店の銀行員として、成宮寛貴が新キャストに加わる。


○  ●  ○  ●  ○  ●  ○  ●  ○

7月9日スタート/木曜21時/テレ朝系

年齢差別や先輩のいじめに
新人OLが敢然と立ち向かう

『エイジハラスメント』
(編集部のおススメ度 ★★

 一流商社に志を持って入社した吉井英美里(武井咲)。しかし、「女性活用」は口先だけの旧体質な総務部に配属され、若さしか求められないことに絶望する。さらに、笑顔を見せただけで男性社員に気に入られた英美里は、女性社員からは嫉妬の対象に。様々なハラスメントと陰湿ないじめ。理不尽な扱いに耐えてきたが、それも限界に達し、旧態依然とした会社に反逆する。原作は内館牧子。痛烈で印象的なセリフが見どころ。


○  ●  ○  ●  ○  ●  ○  ●  ○

7月7日スタート/火曜22時/TBS系

ホテルを舞台に奮闘
西内まりやがコンシェルジュを熱演

『ホテルコンシェルジュ』
(編集部のおススメ度 ★★

 非日常を味わえる外資系ホテルを舞台に、客が巻き起こすトラブルを、新米女性コンシェルジュ・天野塔子が解決するために走り回る。塔子は体育会系で負けず嫌いな性格。観劇チケットの手配やレストラン紹介、時には人探しや物探しまで、あらゆる要望に応えようとするのがコンシェルジュの仕事。塔子は「絶対にNOとは言わない」ことを信条に、裏ではパニックになりながらも、ホテルの個性豊かなスタッフたちと力を合わせて解決していく。10代のカリスマ・西内まりやが主演する、一話完結の笑って泣けるハートウォーミングストーリー。


○  ●  ○  ●  ○  ●  ○  ●  ○

7月9日スタート/木曜21時/TBS系

不器用な主人公の
病児保育士としての成長物語

『37.5℃(さんじゅうななどごぶ)の涙』
(編集部のおススメ度 

 原作は『月刊Cheese(チーズ)!』で連載中の椎名チカ著のコミック。蓮佛美沙子演じる主人公・杉崎桃子は、笑顔が苦手な元保育園の先生。保護者とのコミュニケーションがうまく取れず、保育園の契約を1年で打ち切られてしまうが、訪問型の“病児保育士”として再出発。派遣先で様々な家族に出会い、子どもの具合が悪くても仕事を休めない親を助けるために奔走し、そして仲間に助けられながら仕事や家族、恋、友情に向き合っていく。


○  ●  ○  ●  ○  ●  ○  ●  ○

7月5日スタート/日曜22時/NHK BSプレミアム

失職した40歳の元雑誌編集者が
バスガイドにスカウトされる!?

『ある日、アヒルバス』
(編集部のおススメ度 ★★

 原作は山本幸久の小説。大手出版社で女性ファッション誌を担当していた浅倉葉月(藤原紀香)。仕事も恋も順調だったはずが、雑誌が廃刊となり職を失ってしまう。恋人とも別れ、ブランド品のローンは残り、40歳にしてすべてを失い崖っぷち状態に。そんなときに、都内周遊観光「アヒルバス」のバスガイドになぜかスカウトされる。人生経験を生かして年の離れた同期たちと張り合いながら、恋に仕事に、一発逆転を目指して本気で立ち向かう。


この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
エンタメ恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ