• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

向井理さん、欧米で“今、一番行きたい国”ラオスで感じた「幸せとは」

2015年7月3日

向井理さんから働く女性にメッセージ「疲れた人を優しく癒してくれる国。働く女性におすすめです」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ニューヨークタイムズやイギリスの旅行誌で、「今、一番行きたい国」に選ばれているラオス。向井理さんが、テレビの取材でそんなラオスを訪れました。ラオスの文化に触れ、伝統的な人々の暮らしを体験する中で、「本当の心の豊かさ」を感じたといいます。どんな体験だったのでしょうか。

穏やかな国民性、敬虔な仏教国

向井 理(むかいおさむ)さん
神奈川県生まれ。明治大学農学部生命科学科卒業。学生時代にはアルバイトでバーテンダーも務めていた。2006年、CMで芸能界デビュー。その後、テレビドラマや映画、舞台と幅広く活躍。2014年には女優の国仲涼子さんと結婚。今年も3本の映画に出演。趣味は、サッカー、料理と多彩。

――ラオスを訪れた理由は?

 欧米の新聞や雑誌で、「今、一番行きたい国」に選ばれているので、なぜ欧米の人たちがこの国に魅かれるのか、それを体感してみたいと思ったんです。

 東南アジアの国々は、カンボジアに3回ほど行っていて、タイも訪れています。しかし、ラオスに関しては予備知識が全くありませんでした。「仏教を信仰している国」という程度のイメージでしたが、あえて勉強をせずに、先入観を持たずに行きました。

――カンボジアやタイとの違いを感じましたか?

 気候は似ているし、カンボジアもタイも仏教を信仰していますが、僕は、ラオスの人たちのほうが、仏教に関して敬虔な感じがしました。仏教の教えが生活に根付いている。お坊さんを崇拝していて。入門したお坊さんには、親でも話しかけてはいけないんです。子供がお寺に入りたいと言うと、親は「徳を積める」と喜びます。そういう国柄だからでしょうか、街は何ともいえない静かな雰囲気なんです。

 東南アジアの国々の市場では、子供たちが「ワンダラー」などと言いながら寄って来ますが、ラオスではそういうことは一切ないし、何かを売りつけられることもない。「これは何ですか?」と話しかけると、教えてくれるという対応です。

 他人の懐に踏み込んで来ないし、相手の領域をきちんと守る人達なので、優しさを感じました。だから旅行者も過ごしやすい。これも、仏教の思想が根付いているからじゃないでしょうか。

人々は暮らしに満足し、心に余裕がある

――東南アジアは経済開発が進んでいますが、ラオスはどうですか?

 観光省の方と話す機会があったんですが、今後の発展の方法を模索していました。カンボジアやタイの状況を見ているので、ああいう発展の仕方はしたくないと感じているようです。

 カンボジアも、数年前とはまったく変わってしまい、ゴルフ場なんかができています。ああいう開発の仕方では、観光客は増えるけれど、豊かな自然や歴史的な資源が壊される可能性が大きい。そうならないように、バランスを取りながら発展したいので、ゆっくりと成長することになると思う、と言っていました。

 多くの金銭を得るために発展するのではなく、将来をしっかり考えていて、環境資源もきちんと残したいという考え方を持っている。目先の利益にとらわれないのも、仏教が影響しているように感じました。

 世界遺産に登録されているルアンパバーンという街では、毎朝、何百人ものお坊さんが托鉢している様子を見ました。お坊さんにもち米をあげているおばあちゃんと話したんですが、けして裕福ではないのに、365日、1日も休まずに何十年も続けているそうです。お坊さんに食物をあげることは徳を積むことで、見返りを求める行為ではないんです。国民性でしょうね。今の生活に満足しているのを感じました。

 メコン川の流域で川海苔を採って暮らしている村を訪ねて、海苔を干す作業や漁を手伝ったのは楽しかったです。村の人たちは「今年は不作なんだ」と言いながら、ニコニコとゆったりしていて、深刻な感じがしない。「その日に食べるものがあればいい」という意識なんでしょうね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ