• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

キモチの余裕を生むために…「早めの起床」が約6割、でも朝活実践派は3割弱

2015年6月24日

朝のテンションの上げ方は、「チョコを食べる」「白湯を飲む」「熱めのシャワーを浴びる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
朝はギリギリまで寝ているほうか、早めに起きるほうか
朝はギリギリまで寝ているほうか、早めに起きるほうか
時間に余裕をもつことで感じられるメリットは
時間に余裕をもつことで感じられるメリットは
朝活を体験したことはあるか
朝活を体験したことはあるか
経験した朝活の内容は
経験した朝活の内容は
朝すっきり目覚めるためのコツは
朝すっきり目覚めるためのコツは

 人材採用・入社後活躍を支援するエン・ジャパンは、同社が運営する求人サイト「エンチャレンジ! はた☆らく」の利用者1592人を対象に実施した「朝の時間の使い方」に関する調査の結果を発表した。それによると、早起きする人は、キモチの余裕を最大のメリットとして感じている。

 朝はギリギリまで寝ているほうか、時間に余裕を持って早めに起きるほうか尋ねたところ、「早めに起きる」派は62%で、「ギリギリまで寝ている」派の38%を大きく上回った。

 早めに起きる派に、時間に余裕を持つことで感じられるメリットを聞くと、「キモチに余裕が生まれる」(68%)との回答が最も多く、「遅刻をしなくなる」(49%)、「朝ごはんを食べて、健康的になれる」(47%)といった意見も半数近くが賛同した。

 朝の時間を学習や趣味、運動などに利用する「朝活」を実際に体験したことがある人は28%にとどまった。経験した朝活の内容は、「勉強」(37%)と「ランニング、ウオーキング」(35%)が人気を二分し、「読書」(26%)、「料理」(21%)が続いた。少数回答では「瞑想、発声練習」「音楽演奏」「イラスト作成」などがあった。

 朝にすっきり目覚めるためのコツを尋ねると、「起きたら、日光を浴びる」(35%)がトップに挙げられ、次いで「起きたらコーヒーなどのカフェインを摂る」(33%)、「寝る前にお風呂でカラダを温める」(29%)が続いた。

 起きた際には「チョコを1粒食べる」「白湯を飲む」「熱めのシャワーを浴びる」など、テンションや代謝を上げることが重視されている。また、「寝る前のストレッチ」「寝る前数時間はスマホやパソコンを見ない」など、スムーズな就寝を心がける様子もうかがえた。


■関連情報
・エン・ジャパンのWebサイト www.enjapan.com
・エンチャレンジ!はた☆らくのWebサイト hb.en-japan.com

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ