• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

朝のメイクがずっと長持ち! 皮脂に負けないベース作り

2015年6月30日

脂分の分泌が多くなる初夏に取り入れたい、崩れないベースメイク法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ここでは、美容のプロが情報を発信するWebサイト「AUTHORs JAPAN BEAUTY(オーサーズジャパンビューティー)」の協力のもと、長持ちするベースメイクのつくりかたをご紹介します。

基礎化粧から見直して、脂分を整える

 いよいよ夏へまっしぐら! UVケア対策は、もうすっかり「夏仕様」をされている方も多いのでは?

 秋冬の乾燥時期とはうって変わって、お肌も脂分の分泌が激しくなってくる頃。「朝のメイクが、昼にはすっかりなくなっている!?」なんていう悩みも、よく耳にする時期です。

 今回はベースメイクが崩れにくくなる、ちょっとしたテクニックをお伝えします。

 崩れの原因は、肌から出てくる皮脂とファンデーションなどの商材の中に含まれる油分が混ざり、つけたものが流れ落ちる。ここにあります。

 つまり、「脂分の調整」。ここにヒントがありそうです。

★テクニックその1・・・「肌を冷やす」

 化粧水は冷蔵庫などで冷やしておくのがオススメ。洗顔後、化粧水をつける際、化粧水がいつもより冷えていると、毛穴が引き締まり、皮脂の分泌を調節してくれます。

 もし時間があれば、全体に化粧水を付けた後、コットンでやさしく「化粧水パッティング」するのも、毛穴を引き締める手助けをしてくれます。

 保冷剤をタオルにくるんで、お顔を冷やしてからメイクをする・・なんていうのも効果的です。

★テクニックその2・・・「自分の肌を感じて商品をチョイスする」

 自分で「肌の心地よさ」を感じながら、商品を選んでみてください。今まで使っていた化粧水を「しっとりタイプ」から「さっぱりタイプ」変えるだけでも効果があります。

 化粧下地(ベースクリーム)とUVカットクリームをダブルで付けている人は、ダブルで「油分」を肌にのせていることになります。ですから、ベースクリームにUVカットの効果が含まれているものに変えてみてはいかがでしょう。

 化粧水をつけた後、乳液やクリームをつけてからベースクリームを塗っている人は、乳液やクリームなどの「油分の含まれるもの」を思い切って抜いてみては。

 そして今では、「オイルフリーの下地」や「オイルフリーファンデ―ション」などもあるので、崩れ具合をみて、こういったオイルフリー商品に変えてみるのも◎。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
メイクアップスキンケア

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ