• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

夏のファッション、悩みは下着の透け・ハミ肉

2015年6月18日

下着の透けやはみ出したぜい肉が気になり薄着に対して臆病になる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
季節によって「着たいと思った服を着られない」と感じることはあるか
季節によって「着たいと思った服を着られない」と感じることはあるか
他の女性の薄着による下着の影響に気づいたときどう思うか
他の女性の薄着による下着の影響に気づいたときどう思うか
季節によって「他人の視線を考慮した服や下着の対策」をわずらわしく感じることがあるか
季節によって「他人の視線を考慮した服や下着の対策」をわずらわしく感じることがあるか
他人の視線を考慮した服や下着の対策としてどのようなことを行っているか
他人の視線を考慮した服や下着の対策としてどのようなことを行っているか

マーケティング&リサーチ会社のシタシオンジャパンは、女性の夏のファッションに関する意識調査の結果を発表した。それによると、夏は薄手の服を着たときの下着の透けや下着からはみ出したぜい肉が気になり、働く女性ほど薄着に臆病になりがちだという。

 20歳代―40歳代の女性511人にアンケートを実施したところ、約4割が「夏は着たいと思った服を着られないと感じる」ことがあり、有職者では42.5%、無職者および学生では37.0%と、有職者の方がそう感じる傾向が高い。理由を聞くと、有職者ほど「下着が透けやすい季節だから」(72.0%)、「下着によるハミ肉が目立ちやすい季節だから」(67.7%)と、薄着だからこそ目立つ下着の影響を気にしていることが分かった。

 他の女性の薄着による下着の透けやハミ肉が見えてしまうことについてどう感じるか尋ねると、約9割(87.3%)が「その相手に悪い感情を抱く」と答えた。このような視線を気にしてか、約7割(67.9%)が「夏は人の目を考慮した服や下着の対策がわずらわしい」と感じている。また、夏に他人の視線を考慮したファッション対策として行っていることを聞くと、「下着の透けが軽減される色のインナーもしくは、アウターを着用する」(83.9%)が1位に挙げられた。

 夏の服を選ぶにあたり、他の季節と比べてどのようなことを実践したいか聞いたところ、1位は「着たいと思った服を着たい」(97.7%)、2位は「ラクにオシャレを楽しみたい」(96.7%)、3位は「スタイル良く見せたい」(89.2%)となった。夏に着たいカラーは、「ホワイト」(43.6%)が1位に挙げられた。

 スタイリストの関谷佳子氏によると、今夏は例年以上に白色のファッションがトレンドになっているという。関谷氏は、インナーにはアウターに響きにくい、肌色より濃いめのモカやグレー、ラベンダーカラーを選ぶこと、また、サイドベルトに幅のあるブラを活用したり、ゆったりしたチュニックやプルオーバーをトップスに取り入れることなどをアドバイスしている。

■関連情報
・シタシオンジャパンのWebサイト www.citation.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 11月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 11月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 10月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ