• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食べ方でわかる! あなたの「たるみ肌度」チェック

2015年6月22日

ちょっとしたコツで肌がキレイになる! 意外な「食べ方」のポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 日差しが強くなり、蒸し暑くなる日も多いこの季節は、カラダもお肌もダメージを受けやすい時期です。こんなときこそ、外側からのケアだけでなく、内側からのケアが大切になります。どんなことに気をつけたらいいか、管理栄養士・シニア野菜ソムリエの岸村康代さんに聞きました。

*    *    *    *    *

 みなさん、こんにちは。岸村康代です。

 日頃、化粧品で外側からケアしているけど、年齢とともに内側からのケアの重要性も感じている、という人も多いのではないでしょうか。野菜を食べるようにして、たんぱく質もとって…と食生活に気を付けているつもりでも、それが正しいのか、自分に合っているのかどうか、意外とわからないものです。

 そんなときまず考えてみていただきたいのが、「おやつの食べ方」です。実は、おやつの食べ方でお肌のダメージ度が変わるのです!

 そのコツは“ちょっとした選び方”。食べ方のコツについては後ほどご紹介するとして、まずはじめに、みなさんの食生活&生活を確認してみましょう。まず、次のチェックを行ってみてください。

◆「たるみ肌」キケン度チェック!
当てはまるものをチェックをしてみましょう。

1:おやつにはナッツをよく食べている

2:果物は果糖が多いから控えている

3:ダイエットのために、食事を抜くことが多い

4:カラダに良いと言われる食品は常にチェックして試している

5:栄養調整食品などを多用している

6:ビタミンは主にサプリメントでとっている

7:油はなるべく控えめにしてカロリーダウンしている

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ダイエット健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ