• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

6/1から始まった「自転車運転者講習制度」、気をつけなければいけないポイント

2015年6月5日

“たかが自転車”と安易に考えるのはとても危険

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
6/1から始まる「自転車運転者講習制度」、気をつけなければいけないポイントとは?

 道路交通法の改正により、6/1から自転車の運転者を対象とした「自転車運転者講習制度」が施行されます。これは、自転車で危険な違反行為をして2回以上摘発された運転者に対して「自転車運転者講習」(受講料5700円)を受けることを義務づけるもので、指定期間(3ヶ月以内)に講習を受けなかった場合には「5万円以下の罰金」という罰則も設けられています。詳しい内容と気をつけなければならないポイントをご紹介しましょう。

14項目の危険行為を摘発

 「自転車運転者講習制度」では、摘発や受講命令の対象となる危険行為として14の項目が設定されています。

(1)信号無視
(2)通行禁止違反
(3)歩行者専用道路における車両の義務違反(徐行違反含む)
(4)通行区分違反
(5)路側帯通行時の歩行者の通行妨害
(6)踏切の立ち入り
(7)交差点安全進行義務違反等
(8)交差点優先車妨害等
(9)環状交差点安全進行義務違反
(10)指定場所における一時不停止
(11)歩道通行時の通行方法違反
(12)制御装置(ブレーキ)等の不良自転車運転
(13)酒気帯び運転
(14)安全運転の義務違反

 上記のほとんどは「信号無視」や「酒酔い運転」「ブレーキ不良」など、誰にでもわかる交通安全上のルール違反です。その一方で、自転車運転者の多くが危険性を認識していないものとして、自転車の「通行区分」と「歩道の通行」に関する違反行為があるようです。

自転車は「左側通行」が原則

 道路交通法においては自転車も「車両」にあたるため、道路では車道の左側を走行するのが基本ルールです。車道の右側を走る行為は交通違反にあたり、以前から「3か月以下の懲役または5万円以下の罰金」という罰則も設けられています。

 また、これは路側帯(道路において白線で区切られた歩行者用の通路)を自転車で走行する場合も同様で、車道の左右に路側帯がある場合でも、自転車は進行方向にむかって「左側」にある路側帯を走行しなければならず、進行方向にむかって右側にある路側帯を走行した場合は上記の罰則の対象となります。

「歩道」の走行にも注意

 また、車両である自転車は下記のような例をのぞいて、原則的に歩道ではなく車道を走らなければなりません。

・歩道に「自転車通行可」の標識がある場合
・運転者が13歳未満、または70歳以上である場合
・車道を通行することに支障があるような身体の障害を持っている場合
・車道や交通の状況により、安全のためやむを得ないと判断される場合

 あくまで、自転車が一般の歩道や路側帯を走行できるのは「安全上やむを得ない場合」であり、「自転車運転者講習制度」においては「(歩道での)徐行違反」や「歩行者の通行妨害」も危険行為に指定されています。

 また、危険行為には「安全運転義務違反」という項目も設定されており、スマホや携帯を使用しながらの運転や、夜間走行時の無灯火なども摘発の対象になる可能性があるとのことです。

「ゆずりあう」ことが大切

 「たかが自転車」と考えてしまいがちですが、自転車と歩行者の接触事故においては、歩行者が死亡したり、重傷を負ったりするケースもあります。スピードを出して歩道を走行する自転車は、歩行者にとっては極めて「危険な存在」ともいえるでしょう。

 今回の法改正を機会に、自転車を運転する人には、基本的な交通ルールを理解することと、あわてずにゆずりあうことのできる「気持ちの余裕」を持つことが、取り返しのつかない事故を避けるためにも求められているのかもしれません。

プロフィール
コラムニスト
井澤 佑治(いざわ・ゆうじ)さん
舞踏家/ダンサーとしての国内外での活動を経て、健康法・身体技法の研究、高齢者への体操指導、さまざまな障がいや精神疾患を持つ人を対象としたセラピー、発達障害児の療育、LGBTの支援などに携わる。


(※「Mocosuku2015年05月27日付の記事を転載)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナーヘルス&ビューティ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ