• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

池上彰さんが伝授! 働く女性のための“教養力”の磨き方

2015年5月24日

池上 彰さん × 草野満代さん トークセッション

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 国内最大級の働く女性向けイベント「WOMAN EXPO TOKYO 2015」が開催中です。5月23日に続き、5月24日も多くの来場者で会場はにぎわっています。

 朝いちばんの人気イベントは、ジャーナリストの池上彰さんとフリーキャスターの草野満代さんのスペシャルトークセッション。その模様をいちはやくレポートいたします。

 トークセッションのテーマは、「働く女性のための“教養力”の磨き方」。途中、どよめきあり、笑いあり、あっという間に過ぎた45分のなかで池上さんは、世界や日本で起きている注目のトピックを、世界一(!)分かりやすく解説してくださいました。

壇上に上がった、ジャーナリストの池上彰さんとフリーキャスターの草野満代さん

 最近では「リベラルアーツ」という言葉を目にすることが増えました。「人間が人間として自由にあるために必要な教養のことを言います。かつて大学では1~2年は一般教養いわゆる“パンキョウ”の講義があったものですが、これをやめた後、最近の新入社員は常識や教養がないという考えが出て、再注目されています。国際教養学部、リベラルアーツセンター学部などが大学でも流行になって、学部が次々に生まれています」(池上さん)

 「すぐに役に立つ学問や専門技術を求めがちですよね。でも、最先端の技術は4年で陳腐化してしまうから、最先端の技術を学ぶのではなく、最先端を走れるような人間としての基礎を身につけるということなんです」(池上さん)

「教養力はどのように磨いていけばいいのでしょう、池上さん!」草野さんが切り込みます

 日常流れているニュースから自分の教養を広げていくにあたり、そのニュースをスマートフォンから得ている人も多いはず。池上さんは、ニュースをスマートフォンで入手する弊害について、こう説明しました。「最近はネットでニュースを“見る”と言って、“読む”とは言わないようになってますね。ネットニュースは、ひとつの記事に15~20秒しか読むのに時間をかけないんです。分かった気になって次に行ってしまうんですよ」。

 「ニュースが並列に並んでいるし、一番上にあるニュースは必ずしも重要なニュースではないですよね」と問う草野さんに対して、「どんどん最新ニュースが入ってくるので、どれが重要なニュースなのか見極めるのは非常に難しくなっています。ニュースバリューが“等化”してしまっているんですね」と池上さんは答えました。「見出しを見て、読んだ気になってしまうのも問題ですね」(池上さん)

「リアル書店に行ってみましょう」と池上さん

 では、日常のニュースを取り入れて、自分の教養として身につけるにはどうすればよいのでしょう。池上さんは、「読み流すだけでは教養として身に付きません。流れているニュースに対して読みっぱなしにせず、自分なりのひっかかり、とっかかりを考えてみてください」と秘訣を教えてくれました。

 「分からないなと思ったところ、ひっかかったところ、すっきりしないなと思ったところを調べてみるんです。そして気になったキーワードがあったら、リアル書店に行って、関連する本を買ってみてください。ネット書店は、キーワードが書名に入っている本しか探し出せません。でもリアルの書店は、関連本が並んでいるので、さまざまな本を掘り出せます」(池上さん)

 そのようにして、情報のストックをしていくのが重要だそうです。

 「これから何に注目すればいいですか」という草野さんが聞くと、「米大統領選挙の動向には注目してほしいですね」と池上さん。

 しかし、単に大統領選を追うのではなく、「女性バッシング、ブランディングに注目してみてください」というのが池上さん流。「次の大統領は誰だろう、そして世界戦略はどうなるんだろうという論点ばかりなので、自分なりのひっかかりを大切にしましょう」と池上さん。

 どういうことかというと、「民主党のヒラリー・クリントンは、実は、さまざまなバッシングにあっています。でも“女性だから”と真正面からはバッシングされずに、私的メールをしていたなど別の理由をもってバッシングされるんです。女性バッシングのリアルがわかりますね」(池上さん)。

 「ブランディングというのは、民主党のヒラリーさんは“クリントン”というブランドがあります。夫のビル・クリントンの大統領時代は、景気の良さもあって世論の印象がよかったんですね。一方で、ジョージ・W・ブッシュの弟で共和党のジェブ・ブッシュさんは、兄の大統領在任時代の良くない印象が尾を引いています。今度の選挙戦に向けて、ブッシュイメージをどう立て直すかが見どころですね」(池上さん)

「米大統領選の動向には注目しましょう」(池上さん)

 池上さんはセッションの終盤で「知的好奇心や向学心は、若さを保つ秘訣です」と強調。「若くても向上心がなければ、老けているんです」(池上さん)。それに対して、「いつも輝いている人は、常に“更新”しているという印象ですね」と草野さん。

 セッション中には、今注目すべき“旬ネタ”がたくさん出て、メモをとったり、大きくうなずきながら聞き入ったりしている来場者が目につきました。いつまでも続いてほしい池上さんの“講義”でしたが、来場者の温かい拍手とともに、幕を閉じました。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ 

キレイも、キャリアも、ハッピーも手に入れる!
自分らしく輝く、すべての女性のための総合イベント
「WOMAN EXPO TOKYO 2015」

日時:2015年5月23日(土)~24日(日)
場所:東京ミッドタウン ホールA、B、カンファレンスRoom ほか

■注目のイベントがいろいろ!
◆みずほ銀行・有馬充美さん「自らの人生を主体的につくる~キャリアも子育てもあきらめない~」
<5月24日(日) 12:20~13:05>
*詳細はこちら
http://woman-expo.com/session/session-detail?m=2&eid=76

◆岸谷 香さん トーク&ライブ
<5月24日(日) 14:20~15:20>
*詳細はこちら
http://woman-expo.com/session/session-detail?m=2&eid=32

◆君島十和子さん「愛するコスメをビジネスに」
<5月24日(日) 17:35~18:20 >
*詳細はこちら
http://woman-expo.com/session/session-detail?m=2&eid=52

写真/竹井俊晴

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ