• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

2015年「女性が活躍する会社BEST100」(2/3)

2015年5月7日

総合ランキング第1位は2年連続で資生堂に決定!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

【管理職登用度】部門
~女性役員の有無や、管理職に占める女性の割合などを評価

 今回の調査では、「生え抜きの女性役員がいる」と回答した企業の割合が23%と、2014年の調査の18.8%から大きな伸びを見せました。10位以内にランクインした企業のほとんどで、中間管理職の女性の研修やスポンサーシップ制度を実施。次世代の役員候補の育成に力を注いでいます。

 1位のジェイティービーではメンタリングプログラムや選抜研修を行った結果、2011年に1%だった役員比率が2014年4月には4.6%に上昇しています。3位のセブン&アイ・ホールディングスは、「2015年2月までに女性管理職比率20%を目指す」としていた当初の目標を達成。トップのコミットメントにより、「2016年2月までに30%」と、さらなる目標を掲げ取り組んでいます。

【ワークライフバランス度】部門
~年間総労働時間や有給休暇取得率、男女社員の育休取得率などを評価

 今回の調査では、全回答企業の1人あたりの年間総労働時間は平均1990.1時間(2014年は1997.2時間)と、7.1時間の削減が見られました。「正社員の在宅勤務制度がある」と回答した企業が29.9%(2014年は24%)、「テレワークの取り組みがある」と回答した企業は31.9%(2014年は26.5%)など、全体的に働き方の改革が進んでいる様子が見て取れます。

 1位の明治安田生命保険では、職場ごとにワークライフバランスやダイバーシティ推進の取り組み状況を点数化し、所属長の評価に反映させる仕組みを導入しています。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方就職・転職お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 11月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 11月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ