• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今クラフトビールが面白い! ニューオープンの女性にお薦めの専門店を徹底チェック

2015年4月28日

ビールが美味しい季節! ニューオープンのクラフトビール専門店に行ってみよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 クラフトビールといえば、この2~3年人気が急上昇している小規模醸造所で作られるビールのことだが、今年になって国内のメーカーが続々とクラフトビール専門の飲食店を東京にオープンしている。これからは、夏に向けビールが一番おいしくなる季節。女子にお薦めの注目3店をご紹介しよう。

代官山に登場したキリンの「クラフトビール」店

 最初に注目したいのは、4月17日に代官山にオープンした「スプリングバレーブルワリー東京」。ビール会社のキリンが開発した「キリン版クラフトビール」(小規模生産ビール)を提供する店としてオープンしたビール専門店だ。日本初上陸の米西海岸発ライフスタイルショップ「フレッド・シーガル」などが軒を連ねる代官山の新商業施設、ログロード代官山内にある。

「スプリングバレーブルワリー東京」外観。広いテラス席もある。
店内の様子(写真はオープン前)。奥にはガラス越しに醸造所が見える。朝8時からオープンするので「朝ビール」もできる。

 「スプリングバレーブルワリー東京」内には醸造所が設けられ、ここで作られたビールが飲める。客席からはガラス越しに醸造エリアが見えるが、なんと仕込み釜や発酵貯蔵タンクはガラス製。文字通り醸造中のビールを眺めながら、ビールを楽しめる趣向だ。

店内から見えるガラス製の醸造設備。これは日本初導入のガラス製仕込み釜「グラスブリューハウス」。
キリンが独自に開発した世界初のガラス製の発酵貯蔵タンク「シースルータンク」。

 提供ビールは基本的に6種類。いずれも、同店のほか、横浜市鶴見区にあるキリンビール横浜工場内の「スプリングバレーブルワリー横浜」でしか飲めない限定ドラフトビールだ。「スプリングバレーブルワリー」のフラッグシップビールである「496」をはじめ、すっきりとした「コープランド」、ロースト感が印象的な「アフターダーク」、白ワインのような飲み口の「オンザクラウド」、柚子や山椒を使ったホワイトビールタイプの「デイドリーム」、ラズベリー果汁を加えたカクテルのような「ジャズベリー」というラインナップ。価格はいずれもレギュラーサイズ(360ml)で税込680円だ。ちなみに、「テイスター」という120mlサイズもあって、こちらは税込200円。選択を迷っても気軽にお試しができるのがうれしい。

 また、同店にはキリンが独自開発した「ビアインフューザー」という高機能サーバーも設備。これは、ホップやフルーツなどにビールを通すことで香りや風味を付けて提供できるサーバーで、当面は「496」とパッションフルーツを感じさせるというホップ「ギャラクシーホップ」という組み合わせのビールを提供するという。

同店では「ビアインフューザー」というキリンオリジナルの高機能サーバー(写真)でビールに香りや風味を付け、更に変化に富んだビールを提供する。

 メニューには前菜からデザートまで、先の6種の中から各料理に合うお薦めビールが示されていてワインのように料理とのマッチングを楽しむことができる。基幹となるビール全種のお試しセットもあり、ミニグラス(120ml)で6種のビールを楽しめる「ビアフライト」(税込1000円)の他、6種のビールとそれぞれに合うおつまみをセットにした「フードペアリングセット」(税込2000円)も。「コープランド」を衣に練り込んだフィッシュ&チップスや「ジャズベリー」を使用したパテといった同店で提供されるビールを使った料理もありおもしろい。ちなみに朝の時間帯にはエッグベネディクトなど、女子人気の高い朝メニューが豊富だ。

6種のビールとそれに合うおつまみをセットにした「フードペアリングセット」。ビールは左から「496」「コープランド」「アフターダーク」「オンザクラウド」「デイドリーム」「ジャズベリー」。おつまみは左から、チーズ、プレッツェル、ヘーゼルナッツ、オリーブ、スモークアーモンド、クランベリー。
同店の料理の一部。料理は手前から、「スプリングバレーブルワリー特製シャルキュトリの盛り合わせ(5種盛り)」(1800円)、「自家製ベーコン(温製)」(1100円)、「ケールサラダ」(ハーフ800円、フル1400円)、オイルサーディンのピザ「マリナーラ」(1600円)、「Tボーンステーキ」(800g、9800円)、「SVB特製焼きチョコレートケーキ」(800円)。価格はいずれも税込。メニューには、それぞれの料理に合うビールのサジェスチョンが示されている。ハンバーガーなどのランチメニューもある。

 店舗があるログロード代官山は、かつて東急東横線が走っていた線路跡地にあり、「一号踏切」と呼ばれる踏切があった。そのため、「スプリングバレーブルワリー東京」では現在オープン記念として、限定ビール「ファーストクロッシング ~一号踏切~」も提供中だ。

ログロード代官山は、「一号踏切」と呼ばれる東横線の踏切があった場所にある。上は当時の風景。オープン記念として、この踏切の名を付けた限定ビールも飲める(6月末までの予定)。
スプリングバレーブルワリー東京
住所●東京都渋谷区代官山町13 ログロード代官山内
TEL●03-6416-4960
営業時間●月~土8:00~24:00(22:30 LO)、日・祝8:00~22:00(21:00 LO)、ただし、テラス席はいずれも21:00まで、無休
ホームページhttp://www.springvalleybrewery.jp/

 次ページでは、ソーセージのラインナップが秀逸な、日本最大のクラフトビールメーカーのお店を紹介!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけグルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ