• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

不妊治療、始めた年齢は?費用は?

2015年4月16日

子どもを授からないなら…不妊治療に踏み込む?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
不妊治療の経験はあるか
不妊治療の経験はあるか
不妊治療を考えたことはあるか
不妊治療を考えたことはあるか
不妊治療を始めた年齢は
不妊治療を始めた年齢は
不妊治療で授かった子どもはいるか
不妊治療で授かった子どもはいるか
不妊治療にかかった金額は
不妊治療にかかった金額は

 女性向け健康情報サイト「ルナルナ」は、妊娠・出産・育児までをサポートする情報配信サービス「ルナルナ ファミリー」のユーザー1640人を対象に、不妊治療に関するアンケート調査を実施した。不妊治療の経験(妊娠を目的として病院を受診したこと)がある人は57.0%にのぼり、ない人でも64.6%が不妊治療を考えたことがあると答えた。

 不妊治療の経験がある人に治療を始めた年齢を聞くと、「30―34歳」(38.7%)が最も多く、次いで「25―29歳」(31.0%)、「35―39歳」(23.4%)と続いた。全体の平均は32歳で、一般的に妊娠率が大きく下がると言われている35歳を前に様々な不安を抱くことが多いタイミングと一致する。

 不妊治療を始めた理由は、1位が「結婚してなかなか妊娠しなかったから」(59.2%)、2位が「一刻も早く赤ちゃんが欲しいと思ったから」(52.5%)、3位が「年齢が気になったから」(49.7%)となった。

 病院を決めた基準は、「通いやすさ」(69.4%)、「口コミの評価が高い」(33.1%)、「設備が整っている」(31.2%)がトップ3に挙げられる一方で、「不妊治療をしている病院が近所にそこしかなかった」といった回答もあった。

 不妊治療で子どもを授かった人は34.3%にとどまり、医学の進歩で可能性も選択肢も広がっているとはいえ、厳しい現実を示している。

 不妊治療に実際にかかった費用は、「5万円以内」(58.2%)との回答が最も多いが、「100万円以上」(5.8%)かかった人もいた。治療費の平均額は妊娠した人では約18万円、妊娠していない人では約37万円となった。

 不妊に悩んでいる人へのアドバイスとしては、「年齢、結婚年数に関わらず、子どもが欲しいと思ったら病院へ」など、早めの受診を呼びかける声が目立った。また、「夫婦でよく話し合う」「専門家に話を聞いてもらう」など、1人で悩まず相談できる環境づくりを勧める声も聞かれた。

■関連情報
・ルナルナのWebサイト lnln.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識カラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ