• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

芸能は社会の鏡?「『アド街ック天国』の司会にV6井ノ原抜擢」ニュースに見るイマドキの会社組織

2015年3月27日

「アド街」新司会の井ノ原快彦さんに期待すること

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 テレビ東京の長寿番組「『アド街ック天国』の司会を務めたタレントの愛川欽也さんが放送1000回を区切りに降板し、後継者としてV6の井ノ原快彦さんが抜擢され、ネットなどで話題になっています。この報に接しての感想を、日経ウーマンオンラインで「西森路代の人気研究所」を連載中の西森路代さんに、ご寄稿いただきました。

 芸能は社会を映し出す鏡であると思います。例えば、バラエティのひな壇にアラフォーの中堅芸人であふれているのは、彼らが第二次ベビーブーム世代で人口が多いことや、年功序列で順調に出世し、冠番組を持つ先輩芸人がいる一方で、年功序列があいまいになり、モラトリアムな修業期間をたっぷり過ごしたアラフォーがやっと日の目を見ることになったからということもあるでしょう。そして、一般社会でもアラフォーは出世争いに積極的でもなく、かといって仕事が自分に合わないからと言って会社を辞めるほどの若さもなくという状態にある人は多いのではないかと思います。

有働由美子・井ノ原快彦コンビの「あさイチ」が人気の理由

 最近は情報番組を見ても、会社組織のようだなとも思います。以前ならば、男性司会者がトップとして番組全体の統率をはかり、有能な女性のアシスタントがいて、レポーターやコメンテーターがいる。ところが、最近の情報番組は、こうした形のものは少なくなりつつあります。

 例えばNHKの「あさイチ」であれば、有働由美子アナウンサーがその場を仕切り、井ノ原快彦さんは年齢的には下であっても、有働さんとはもはや縦の関係というよりはコンビのような雰囲気を醸し出しています。そこに柳澤秀夫解説委員が復帰してきましたが、柳澤さんはときに古い価値観を見せて突っ込まれることはあっても、若い人たちとのコミュニケーションを円滑にしようと奮闘している感じにもとれ、なんとなく応援したくなるキャラクターです。

色々な立場の人が横並びの関係なのが、イマドキの情報番組

 これが以前であれば明らかに解説委員は威厳のある態度で表に立たずとも要所要所で番組を引き締め、女性アナウンサーではなく男性アナウンサーが番組全体を仕切り、その横にはサポート役の女性が控え目に司会者や番組を支えるというものだったでしょう。

 ところが「あさイチ」は、その形とは違い、司会者、解説者、コメンテーター、レポーターまでがひとつのチームで、役割はそれぞれ違っていても、先輩、後輩という立場の違いがあっても、縦の関係ではなく、横の関係で繋がっているように見えます。



この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ