• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

先輩ビジネスパーソンが勧める「20代で読むべき本」

2015年3月27日

視野を広げ、俯瞰できる目を養える本とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
20歳代のうちに読むべき本:上位20作品
20歳代のうちに読むべき本:上位20作品

 ビズリーチが運営する20歳代向け転職サイト「careertrek(キャリアトレック)」は、「20代で読むべき本」のランキングを発表した。1位は「7つの習慣」(スティーブン・R・コヴィー著)、2位は「マネジメント」(ピーター・F・ドラッカー著)、3位は「人を動かす」(デール・カーネギー著)となった。

 ランキングは、30歳代以上のビジネスパーソン1459人(平均年収974万円)に、20歳代のうちに読むべきと思う書籍を最大3冊挙げてもらい、集計した結果をまとめたもの。

 「7つの習慣」は、「個を高めるための総合的な参考書」(40歳代男性)、「よい人生を送るための一番の方法」(30歳代男性)として多くの人が勧めている。

 「マネジメント」については、「組織・社会における自分の振る舞い・応用のための気づきがまとまっている」(40歳代男性)、「マネジメントの本質が理解できる」(40歳代男性)との意見が聞かれた。

 「人を動かす」を勧めた人は、「テクニックではなく、人と仕事をする際の原則論が分かる」(30歳代男性)などの感想を述べている。

 その他、4位の「ザ・ゴール」(エリヤフ・ゴールドラット著)に対しては「仕事に対する勇気と改革の重要性が分かる」(40歳代女性)といった声や、6位の「道は開ける」(デール・カーネギー著)には「心が折れそうになったときに勇気が出る」(50歳代女性)、8位の「孫子の兵法」(守屋洋著)では「組織内での処世術の参考になる」(40歳代女性)といったコメントが寄せられた。

 上位20冊を見ると、マネジメントやビジネスの本質を学べるベストセラーのほか、歴史書や歴史にもとづく小説も目立つ。ビズリーチ執行役員兼キャリアカンパニーCEOの多田洋祐氏は「人間関係、戦略、志や仲間の大切さなど、過去から普遍的に学べると考える人が多い」と指摘する。女性活用が進むこれからの時代に向けて、視野を広げ、俯瞰した目を養うために、これら作品を読んでみてはいかがだろうか。

■関連情報
・ビズリーチのWebサイト www.bizreach.co.jp/
・careertrekのWebサイト www.careertrek.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ