• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

子育てや家事は「やればやるほど仕事能力が高まる」!?

2015年3月23日

ダイバシティ実現に欠かせない「イクボス」って?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 4月から復職を予定している働くママも多いだろう。そんな中、Googleは「Women Willシンポジウム」をホテルニューオータニ(東京・千代田区)にて開催した。シンポジウムでは基調講演と、「働くママのためのアイデアソン」と称した参加者約100名によるアイデアソンが行われ、153名の参加者が集まった。本記事では、基調講演の様子をお伝えする。

 「Women Will」は、Googleがさまざまなパートナーとアジア各国で展開している、女性をサポートするプログラム。テクノロジーを活用した柔軟な働き方で女性の社会進出を支援するのが目的だ。それによって、「女性たちがさまざまな可能性を追求して輝けるようにしていきたい」というコンセプトで運営されている。

 同日から開始された、育休などを終えて復職するママたちを意識したプロジェクト「#HappyBackToWork」では、女性やその家族、職場の上司、同僚などさまざまな立場の人から「働く女性を応援するアイデア」を募集し、寄せられたアイデアを実践したいと思う企業と結びつけるなど、アイデアが社会で取り入れられていくためのプラットフォームを提供している。サイトを見た人は「応援する」というボタンを押すことで気に入ったアイデアに投票でき、共感したアイデアや自分のアイデアをSNSなどでシェアして広めることもできる。復職する女性のサポートを通じて周囲の人も働き方を振り返り、より良い仕事環境づくりを目指している。

制度と会社風土の変化でダイバーシティが実現

 基調講演ではまず、損害保険ジャパン日本興亜執行役員の陶山さなえ氏が登壇し、「経営戦略としてのダイバーシティ」というテーマで講演を行った。陶山氏は、1979年に安田火災(当時)に一般職として入社。26歳で出産した後、37歳で総合職に転換。56歳で執行役員となり、現在に至る。産休中の娘さんが実家に戻っているため、現在は「イクババ」をしているそうだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ