• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

まだまだつらい花粉!意外と知らない薬の選び方

2015年3月21日

「花粉症の薬は眠くなる」は都市伝説!“ベース+トッピング”で乗り切れる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 スギ花粉絶賛飛散中! 今まで「なんとか薬なしで」と頑張っていた人の中にも「もうギブアップ」という人がいるのでは?
 しつこいようだが、花粉症対策の基本は、あくまでも「耳鼻科やアレルギー科を受診」→「自分に合った薬を処方してもらう」だ。「花粉症の薬は眠くなるでしょ?」と思ってるあなた、その情報はかなり古い! 最新情報をまとめてお届けします。

チェック! 原因は本当にスギ花粉だけ?

Check1●
ちゃんとアレルギー検査受けた?

 「私、花粉症なんです」と言いながら「ヒノキも出た?」と聞くと、「それなんですか?」という人がけっこう多いので驚く。自分で「花粉症だと思っているだけ」で、医療機関で検査を受け、ちゃんと診断を受けたわけではないのだ。ここで復習しておこう。まず、自分が「花粉症じゃないのか?」と思ったら、アレルギー科、耳鼻咽喉科、眼科のどれかを受診しよう。アレルギー科が近くにないときは、クシャミや鼻水などの鼻症状が強い人は耳鼻咽喉科へ、「目がカユくて」という人は眼科でもいい。

Check2●
検査の結果でGWの予定が変わる!?

 病院にいかなくても、花粉症の症状を抑える薬は薬局やドラッグストアでも買える。いつもかかっている内科のドクターに「花粉症です」と言えば、薬を処方してくれることもあるだろう。

 だが、検査を受けていないと、アレルギーの原因物質がスギ花粉だけなのか、スギ+ヒノキ花粉なのかははっきりしない。スギだけなら桜が咲く頃に症状はほぼ治まるが、ヒノキにも反応があるとヒノキ花粉の飛散が終わるGW頃まで抜け出せない。問題は体が不調に陥る期間の長さだ。スギ+ヒノキ組はスギだけ組より、不調期間がおよそ1カ月長い。それを頭に入れておこう。

 スギ+ヒノキ組のGWは花粉が飛ばない外国や、もともと飛散量が少なく、すでに飛散時期を過ぎた沖縄などに“花粉疎開”の旅に出るのも一案だ。

Check3●
オマケでついてくる食べ物アレルギーにも注意を

 話をアレルギー検査に戻そう。検査をきちんと受けると、自分では気がつかなかったカビやハウスダストなど別のアレルギーが見つかることもある。最近は「スギ・ヒノキ花粉症ならトマトでもアレルギー反応を起こす(食べると口の中が痒くなったり腫れたりする)可能性が…」というように、花粉ではな食べ物でアレルギーを起こす(交差反応)人もいるので、知っておいて損はない。

 アレルギー検査の精度はどんどん上がっているので、「花粉症の検査を受けたのは、もう思い出せないくらい昔」というベテラン花粉症女子や、「秋もあやしい気がする」というブタクサ疑惑女子なら、ドクターと相談してもう1回受け直したほうがいいかもしれない。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ