世界5都市の睡眠満足度(イケア・ジャパン調べ)
世界5都市の睡眠満足度(イケア・ジャパン調べ)
[画像のタップで拡大表示]
睡眠生体リズム研究所所長 西野精治氏
睡眠生体リズム研究所所長 西野精治氏
[画像のタップで拡大表示]

 エアウィーヴは、3月18日の「世界睡眠の日」にちなんで、質の良い睡眠についての専門家の意見など睡眠に関する情報をまとめ、発表した。それによると、快眠のコツは「深部体温」の効率的な上げ/下げだという。

イケア・ジャパンが世界5都市(ロンドン、ストックホルム、ニューヨーク、パリ、東京)を対象に2013年に実施した調査の結果によると、5都市いずれも睡眠に満足している人(「とても満足」と「やや満足」)の方が、不満を抱えている人(「やや不満」と「全く不満」)より多いものの、東京の不満度(47.2%)は他の4都市(25.0%―31.3%)を大きく上回った。また「とても満足」と答えた割合を見ると、5都市中で東京(6.7%)のみが1割に満たなかった。

 現代社会では睡眠不足の人が年々増加し、一時的な不眠症は約5割、慢性的な不眠症は約3割いるとされている。睡眠では質が重要であり、深部体温がそのカギになると、睡眠生体リズム研究所所長で医学博士の西野精治氏は述べている。

 人は眠るとき手足の温度(皮膚温)が高くなり、そこから熱が放出され、体内部の温度(深部体温)が下がる。通常、深部体温は皮膚温より2℃程度高いが、その差が小さくなると身体は眠りやすい状態に入る。

 入浴や軽い運動で体が温まって一時的に深部体温が上昇すると、その後からだが冷やされて深部体温がスムーズに下がりやすい。

 エアウィーヴは、質の良い睡眠を得るために、就寝の1―2時間前くらいにぬるめのお湯(冬は41℃ほど)に20分ほどゆっくりつかること、寝る前にストレッチなどの適度な運動をすることを勧めている。
 

■関連情報
・エアウィーヴのWebサイト airweave.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント