• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

3月18日は「睡眠の日」!世界の5都市で睡眠の不満をもっとも抱えるのは?

2015年3月18日

睡眠満足度が低い日本、快眠を得るコツとは・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
世界5都市の睡眠満足度(イケア・ジャパン調べ)
世界5都市の睡眠満足度(イケア・ジャパン調べ)
睡眠生体リズム研究所所長 西野精治氏
睡眠生体リズム研究所所長 西野精治氏

 エアウィーヴは、3月18日の「世界睡眠の日」にちなんで、質の良い睡眠についての専門家の意見など睡眠に関する情報をまとめ、発表した。それによると、快眠のコツは「深部体温」の効率的な上げ/下げだという。

イケア・ジャパンが世界5都市(ロンドン、ストックホルム、ニューヨーク、パリ、東京)を対象に2013年に実施した調査の結果によると、5都市いずれも睡眠に満足している人(「とても満足」と「やや満足」)の方が、不満を抱えている人(「やや不満」と「全く不満」)より多いものの、東京の不満度(47.2%)は他の4都市(25.0%―31.3%)を大きく上回った。また「とても満足」と答えた割合を見ると、5都市中で東京(6.7%)のみが1割に満たなかった。

 現代社会では睡眠不足の人が年々増加し、一時的な不眠症は約5割、慢性的な不眠症は約3割いるとされている。睡眠では質が重要であり、深部体温がそのカギになると、睡眠生体リズム研究所所長で医学博士の西野精治氏は述べている。

 人は眠るとき手足の温度(皮膚温)が高くなり、そこから熱が放出され、体内部の温度(深部体温)が下がる。通常、深部体温は皮膚温より2℃程度高いが、その差が小さくなると身体は眠りやすい状態に入る。

 入浴や軽い運動で体が温まって一時的に深部体温が上昇すると、その後からだが冷やされて深部体温がスムーズに下がりやすい。

 エアウィーヴは、質の良い睡眠を得るために、就寝の1―2時間前くらいにぬるめのお湯(冬は41℃ほど)に20分ほどゆっくりつかること、寝る前にストレッチなどの適度な運動をすることを勧めている。
 

■関連情報
・エアウィーヴのWebサイト airweave.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気メンタルヘルス健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ