• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

美し過ぎると話題! 紗栄子さんの産後の美乳はどうやってできた?

2015年3月20日

バストサイズに合ったブラジャー選びがやっぱり重要!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 人気下着ブランド「ピーチ・ジョン」の広告モデルを務める、タレントで2児の母である紗栄子さん。CMでは新作ランジェリー姿で登場、思わず目がいってしまう美しいバストが話題になっています。そこで産後も美しいバストを保つためのテクニックをご紹介していきましょう。

産後、胸が垂れやすくなる理由

 出産後、だれもが経験するバストの変化。妊娠中から出産直後はハリがあり、大きくなっていたのに、卒乳後にだんだん胸がしぼみ、垂れ下がってきた、という人も多いはず。どうして産後は胸が垂れやすくなるのでしょうか…。

 それは妊娠による女性ホルモンの増加が関係しています。これによって母乳を分泌し、体外へ運ぶための乳腺が発達。母乳のもとになる大量の血液が乳房に集まり、胸は通常の3~4倍の重さになるのです。そのため胸を支えるクーパー靭帯や皮膚が急激に伸び、卒入後に乳腺が退化してバストが小さく、皮膚がたるんで、カタチも崩れやすくなるというわけです。

バストサイズに合ったブラジャー選びが重要!

 バストのカタチを崩さないために大切なのが、サイズの変化に合わせたブラジャーをつけること。母乳で育てているママは授乳もあり、ブラジャーをつけるのを怠ってしまいがちですが、それが胸の形を崩す原因になることも。

 「産後は、パッドのみのキャミトップ等を選ばれる方が多いかと思います。しかし、バストのお肉が背中にどんどん流れてしまうので、ちゃんとブラジャーを着けることが大切です! また、デコルテ部分にボリュームをプラスしてくれるランジェリーを選ぶと、若々しい印象になりますよ。ワイヤー入りが辛い…という方にはノンワイヤーでもパッドが内蔵されているものなどがおすすめ。今回紗栄子さんが着用している胸きゅんブラは、ノンワイヤーなのにキレイなバストをメイクしてくれて、ストレスを感じさせない着け心地。なのに、着けたら思わず胸きゅんしてしまう可愛いデザインです」((株)ピーチ・ジョン PR 浦上さん)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ダイエット健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ