• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

後輩に都合よく新人ぶられる、上司の行為に納得できない…弁護士が教える100点の返答とは

2015年3月25日

めんどうな人をサラリとかわす見事な一言

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「本当はすごくないけど、褒めないとめんどうなことになりそうだから褒めておこう」「いろいろ言いたいことはあるけど、反論したら時間もかかりそうだし、やめておこう」……あなたは、言いたいことを飲みこんでストレスを抱えた人生を送っていませんか?
 弁護士・石井琢磨さんの著書『めんどうな人をサラリとかわしテキトーにつき合う55の方法』(総合法令出版)から、ストレスなく周りの人とつき合う技を3日間にわたって紹介していきます。1日目2日目の記事もどうぞ。

●めんどうな人その5・理解するつもりのない人
都合よく新人ぶられたとき

「新人なんで、そんなことわからないです」
<どう対応するか?>
フツーの人「前も説明しましたよね?」

上級者「新人でも許されないんです」

達人「わかっているかどうかは、どっちでもいいです」

●その相手に、理解しようとする気持ちはあるか?

 ある事件で関わった広告会社の話だ。営業部に中途入社してきた小島君(仮名)という男性がいた。この会社では1日研修をした後、実戦に投入される。小島君は、入社3日目にして一人で営業をしていた。営業先で商品の説明をしたところ、相手から質問された。しかし、彼は知識不足のため答えがわからず、適当に答えた。これが仇となって営業先が激怒し、営業部に抗議してきた。

 上司がそのことを小島君に指導したところ、「新人なんで、そんなことわからないです」と言い訳してきた。その後も全く改善される様子がない。

 都合よく自分をカテゴライズして「~だから」「~なので」と言うと、それっぽく聞こえる。「まあ、仕方ないか」と折れる相手もいるので、ラクをしてこのような言い訳を続けるめんどうな人がいる。

 弁護士になりたての頃、お酒の席でベテラン弁護士に言ったことがある。

 「新人弁護士だと信頼してもらうのが大変ですよ」

 するとベテラン弁護士はこう答えた。

 「いや、新人でもいいことはたくさんあるぞ。裁判所が親切に何でも教えてくれるから、わからないことをどんどん聞けるけど、私くらいになると聞けないからな」この考え方は危険ではないか。新人なら聞いてもいいが、ベテランになると聞けないということになるからだ。しかし、ベテランになっても新しい分野の事件を担当することもあるだろうし、過去に経験した手続を忘れることもある。「新人」、「ベテラン」とカテゴライズして単純に結論を導き出すと、失敗する。

 「新人」という自分の属性だけを理由にした言い訳を通用させてはならない。

 何度も説明していると「前も説明しましたよね?」と言いたくなるが、1回目なら許されるかのような誤解を与えてしまう。

 新人でも、営業先で適当にウソを言ってはならないのは明らかだろう。「新人でも許されない」と、ハッキリと伝えるべきだ。

 弁護士は、交渉などで「法律の素人なんでわからない」と言われることが多い。ウソをついてお金を受け取っておきながら、「法律の素人なんで、これが詐欺になるなんてわからなかった」と言い訳される。しかし、法律の解釈を理解していようがいまいが、犯罪は成立するのだ。普通は、「理解」→「言動」というステップを踏む。しかし、「ウソはダメ」「騙したら罪」という基本的なルールでは、「理解していなかった」という言い訳は通用しない。「素人だからわからない」というのは、「理解」のステップに対する言い訳であり、機能しないのである。

 詐欺のように、やってはいけない「言動」がハッキリ求められているシーンで、「『理解』していなかった」と言い訳をするのは、問題点を「言動」から「理解」にずらし、ごまかす戦法なのだ。

 商品知識を持っていようがいまいが、営業先でウソは許されない。だから相手が新人でもベテランでも、「わかっているかどうかは、どっちでもいい」のだ。

 自分を都合良くカテゴライズしてラクに逃げようとする自称・新人に騙されるな。言ってしまったその内容が問題であり、わかろうとしていないその姿勢のほうが問題なのだ。相手の戦法通りにずらされないよう意識しておきたい。

■まとめ
自分を都合良くカテゴライズしてラクに逃げようとする自称・新人には要注意!商品知識を持っていようがいまいが、営業先で「ウソ」は許されない。「まあ、仕方ないか」と折れず、「新人でも許されない」と、ハッキリと伝えよう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術働き方お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ