• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

弁護士が教えるめんどうな人の対処法―しらばっくれる人、先送りにする人…どう付き合う?

2015年3月24日

めんどうな人をサラリとかわす見事な一言

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「本当はすごくないけど、褒めないとめんどうなことになりそうだから褒めておこう」「いろいろ言いたいことはあるけど、反論したら時間もかかりそうだし、やめておこう」……あなたは、言いたいことを飲みこんでストレスを抱えた人生を送っていませんか?
 弁護士・石井琢磨さんの著書『めんどうな人をサラリとかわしテキトーにつき合う55の方法』(総合法令出版)から、ストレスなく周りの人とつき合う技を3日間にわたって紹介していきます。1日目の記事はこちら

●めんどうな人その3・だらだらと先送りする人
相手に先送りされ続けているとき

「なるべく早く提案しますから」
<どう対応するか?>
フツーの人「お願いしますよ~」

上級者「前もそう言いましたよね?」

達人「具体的にはいつ?」

●期限を伝えることで、人は動く

 仕事を意味もなく先送りする人は多い。1週間前は「来週には連絡します」と言っていたのに、連絡がこない。督促すると、「なるべく早くしますから」と、とにかく先送りすることを考える。このような人に対して、「お願いしますよ~」と頼むだけでは、次回も先送りされる確率が高い。これでは効果がないと、あなたも薄々気づいているはずだ。このお願いは、上司に「督促しておきましたよ」と報告するためのアリバイ作りということはないだろうか。何度も先送りと督促を続けるやりとりは無意味である。

 何度か続いているなら、「前もそう言いましたよね?」と過去の発言を取り上げ、今回できなかった原因を探るべきだ。対策を立てるには、原因を特定しなければならない。

 たいていの場合、大した原因ではない。単にだらけているだけのことも多い。そのような場合には、期限を明確に決めるべきだ。

 人は、期限を設定されたほうが、動く確率が高まる。

 弁護士が代金の請求を内容証明郵便で送るときには、「なるべく早くお支払ください」とは書かない。「本書が到達してから5日以内」のように期限を書く。そのほうが、受け取った相手も動きやすいからだ。もちろん配達証明つきで送るので、「到達した日」も具体的に特定できる。

 債権回収会社の督促でも、同じように期限が書かれている。「回答期限:平成26年12月10日」「平成27年2月10日を過ぎた場合には法的措置をとる」のように具体的に書かれている。そのほうが、支払われる確率が上がるからだ。

 このような督促状を手にして、あわてて法律事務所に相談に来る人も多い。「明後日までに回答しないといけないんですけど」と期限を意識している。

 クーリングオフのように法律でハッキリと「○日以内」と決められているものは守らないと大変なことになるが、督促状に書かれたような期限は、相手が勝手に決めたものであり、そこまで気にする必要はない。それでもあわてる人が多いのは、期限を具体的に決められると、守らないといけないと勝手に思い込むからだ

 したがって、物事を進めるうえで期限を決めることは極めて大事である。大事なことを、あいまいにしてはならない。「なるべく早く」「できる限り」「この仕事が終わり次第」では、何も決めていないも同然である。何日なのか、何時まで決めなければならないのか、具体化しなければ意味がない。

 もちろん、上司から「なるべく早く頼むよ」と仕事を頼まれたシーンでも、具体化しないと後で揉める。1時間後に、「なるべく早くって言ったじゃないか」と怒られることすらあるのだ。理不尽だと感じるかもしれないが、期限をハッキリさせることを怠ったあなたにも落ち度がある。

 期限の具体化はお互いのためでもある。先送りするだらけた相手は追いつめなければ動かない。遠慮なく、具体的な期限を決めればいい。それでも動かなければ、たまたまダメな相手とつき合ってしまったと理解し、きちんと期限を守る相手を見極める力を磨くことだ。

■まとめ
先送りする相手には、具体的な期限を設定するのが鉄則。「なるべく早く」「できる限り」「この仕事が終わり次第」では、何も決めていないも同然。何日の、何時までに決めなければならないのか、具体化しよう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術働き方お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ