• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

宅配サービス、忙しいワーママの家事時短に重宝

2015年3月13日

フルタイム勤務の5割、パート・アルバイトの4割が効果を実感

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
宅配サービスを利用したきっかけ
宅配サービスを利用したきっかけ
宅配サービスがあって良かったと感じたシーン
宅配サービスがあって良かったと感じたシーン
宅配サービスを利用することで起こった変化
宅配サービスを利用することで起こった変化

 日本生活協同組合連合会(日本生協連)は、宅配サービスの利用経験があり、子どもと同居している20歳―59歳の女性1000人を対象に実施した「宅配サービスに関する消費者実態調査」の結果を発表した。

 宅配サービスを利用したきっかけは、「チラシ・パンフレット」(26.9%)が最も多く、僅差で「妊娠・出産」(25.4%)が続いた。年代別で見ると、20歳代と30歳代では3割以上が「妊娠・出産」を挙げ、きっかけのトップになっている。

 利用頻度について聞いてみると、現在宅配サービスを使っている人では71.7%が「週に1回以上」と答え、宅配サービスが日常生活に密接に関わっていることがうかがえる。

 どのような時に宅配サービスがあって良かったと感じたか尋ねると、「子供が小さい時」(55.6%)が最も多く、次いで「出産後」(41.5%)、「体調不良時」(32.2%)、「仕事が忙しい時」(31.1%)、「悪天候時」(30.9%)、「妊娠中」(29.4%)と続いた。

 「仕事が忙しい時」については、フルタイム勤務の56.5%、パート・アルバイトの42.4%が宅配サービスのメリットを実感しており、宅配サービスがワーキングママの強い味方となっているようだ。

 宅配サービスの利用によって自身や家庭に起きた変化を聞くと、「自身の時間に余裕ができた」(29.4%)や「購入するものや選択の幅が広がった」(28.8%)が上位に挙げられた。そのほか「無駄な買い物が減った」「車で買い物に行く回数が減った」「買い物が計画的になった」といった意見も多かった。

■関連情報
・日本生協連のWebサイト jccu.coop/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お買い物・節約術働き方キャリア&スキル

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ