• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

若手社員が思う「入社して良かった企業」、トップ3は?

2015年3月4日

若手社員から人気の企業、その魅力や残業時間、有給休暇取得率に迫る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」を運営するヴォーカーズは、若手社員が「入社して良かった」と思う企業のランキングを発表した。1位に「プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)」、2位に「ゴールドマン・サックス証券」が選ばれ、ブライダル関連サービスの老舗「高見」が3位に付けた。

 ランキングは、新卒入社5年目までの社員1万1694人から投稿された在籍企業に関する8項目の評価を対象データとし、集計してまとめたもの。P&Gは、1月に発表した「働きがいのある企業ランキング」でも2年連続1位となっている。

 P&Gについて自由回答を見ると、「風通しが良い」「自由、アグレッシブ、チャレンジング」「人を大切にする」など、若手が成長する機会が与えられ、従業員が働きやすい制度が充実していることがうかがえる。

 ゴールドマン・サックスに関する口コミでは「社員が猛烈に働く」「若手にも大きな裁量を任せる」など、社員の士気の高さや、やりがいの大きさを評価する意見が寄せられた。同時に、プレッシャーが大きいことも予想される。

 高見はウェディングのプロデュースなどを手がけており、若い女性が活躍できる職場として評価が高い。「新入社員でも十分重宝される」といったコメントからも、若いうちから働く喜びを味わえる環境であるようだ。

 月間の平均残業時間と有給休暇取得率は、P&Gが残業時間53.3時間、有休取得率40.0%と、全体平均(それぞれ52.11時間と42.91%)とほぼ同じ水準だった。ゴールドマン・サックスは残業時間が90.0時間と長い一方、有休取得率は57.5%と全体平均より高い。高見は残業時間が16.7時間と少なく、有休取得率は67.0%と全体平均を大幅に上回るが、週末は休みにくく、立ち仕事が多い。

■関連情報
・VorkersのWebサイト www.vorkers.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
就職・転職働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ