• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今さら聞けない…話題の格安スマホはどんな女性におすすめ?

2015年2月20日

基本の仕組みとメリット&デメリットをおさらい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

メリット、デメリットは?一から分かる「格安スマホ」入門

 毎月のスマホ代が家計に負担大──。NifMo調べ(2015年2月)によると、20代女子の約95%がスマホ代を安くしたいと回答している。しかし、安くしたいとは思っていても、毎月のスマホ支払額は7576円にも上るという。

 そんな少しでもスマホ代を安くしたいという人たちの注目を集めているのが、今流行の「格安スマホ」だ。格安スマホとは一体どんなものなのだろうか。格安スマホの基本的な特徴と、メリット、デメリットまでをご紹介していこう。

格安スマホ=格安SIM+スマホ端末

 そもそも格安スマホとは何だろうか。イオンが2014年4月に発売した月額2980円のスマートフォンは、約1カ月で完売し話題となった。その他、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ソニー、ブックオフ、DMMmobileなど、多くの企業が参入しており、月額2000円台後半から4000円くらいで利用できる。一般的なスマートフォンの料金は約7000円前後のため、比べると半額程度となる。「スマートフォンと言えば料金が高い」と敬遠していた層には見逃せないだろう。

 大手キャリアを利用してスマートフォンを購入する場合は、通信サービスに契約し、同時にスマートフォン端末を購入する仕組みとなっている。格安スマホは、この通信サービス部分とスマートフォン端末部分を切り分けている。格安SIMと安価なスマートフォン端末を組み合わせるからこそ料金が安く抑えられるというのが、格安スマホの正体だ。

 格安SIMとは、大手キャリアではない業者(MVNO(仮想移動体通信事業者))が、大手キャリアから携帯電話回線やデータ通信網の一部を借りて提供する通信サービスだ。これまで格安SIMユーザーは、別途キャリア縛りのないSIMフリーのスマートフォン端末を購入しなければならなかった。それ故、一般ユーザーにはなじみがなく、正直敷居が高かった。ところが、イオンが格安SIMとスマホ端末をセットで販売したことで、一般ユーザーでも手を出しやすくなったというわけだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お買い物・節約術PC・スマホキャリア&スキル

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ