• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

土曜日バレンタイン、職場のお仕事チョコはどう渡す?

2015年2月13日

約半数が仕事でのバレンタイン反対派。「お返しにはちょっぴり期待」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 バレンタインデー目前! もともとは、キリスト教の聖人に由来する祝日だったバレンタイン。日本では、女性から男性へチョコレートを贈る一大イベントであり、ここ数年は、家族や友人、職場の同僚など身近な人とチョコレートを贈り合う日としても定着しています。今年はバレンタイン当日が、土曜日ということもあり、会社がお休みの人はいつチョコを渡したらいいか、少し迷うところですよね。日経ウーマンオンラインでは、働き女子を対象にアンケートを実施。今年も約6割以上の読者が渡す予定というお仕事チョコの予算をはじめ、バレンタインにまつわるエピソード、職場のバレンタインルールなど、2015年のバレンタイン事情をお届けします。

恋人やお世話になった男性に渡すほか、親しい女性や自分へのプチギフトにも・・・

Q.あなたはバレンタインに贈り物をする予定ですか?
Q.バレンタインに贈り物をする予定の人は誰ですか?

 公私関係なく、「贈り物をする予定がある」と答えた人は約8割。会社関係の人(65.7%)を筆頭に、夫やパートナー(36.6%)、父親(32.4%)、付き合っている彼(31.0%)と続いた。女友達(15.5%)、母親(7.0%)と性別にこだわらずイベントを楽しむ人もいるほか、自分へのご褒美(5.6%)としておいしいチョコを購入しているという声も。約7割が「今年贈るプレゼントの個数は変わらない」(69.0%)と答え、平日・祝日に関わらず、毎年の恒例行事として捉えている様子がうかがえる。

Q.「バレンタイン」と聞いて、思い浮かぶ感情は次のうちズバリどちら?
Q.バレンタインに贈り物をするイベントはあった方がいいか?

 バレンタインから連想する感情は、「楽しみ!」(45.6%)「面倒くさい」(40.0%)と評価が二分。バレンタインのイベントはあった方がいいか? という問いに対しては、「プライベートはあった方がいいが仕事はない方がいい」(36.7%)が「プライベートも、仕事もあった方がいい」(20.0%)を上回り、「プライベートも仕事もない方がいい」(14.4%)を合わせると、5割以上が、お仕事バレンタイン反対派という結果になった。その理由としては、

「義理だけで渡すと、相手側も義理だけで渡してくる。また必要以上に豪華なものをもらっても恐縮するし、粗末なものだとがっかりするので余計なことはしたくない。あげる人を絞り込むのも難しい」(30~34歳)
「プライベートはやるもやらないも個人の自由だが、仕事の場合、もらった本人に奥さんや彼女がいると、その人にも迷惑がかかることがあるのでないほうがいいと思う」(30~34歳)
「男女のウエイトが違う職場の場合、結果的に負担が不平等になるため、明らかな『義理』ならなくてもいい」(40~44歳)
「寒さで引きこもりがちになるので、冬のイベントは多ければ多いほどいい。日本の経済効果も支えている。ただ、仕事では面倒だし意味がないので、禁止令を出してほしい」(40~44歳)

 仕事シーンでは、「面倒」「義務感で気が重い」という意見が多く挙がった。バレンタインの義理チョコ選びで困ることという質問に対しては、「誰に贈るのかを決めること」(36.6%)「費用がかさむこと」(36.6%)「何を贈るのかを決めること」(26.8%)がトップ3に上がっており、プレゼントをあげる相手や内容、費用負担の調整に気を遣うという声が目立つ。一方、

「盛り上がれるから。ちょっとしたイベントでマンネリな一日の勤務にスパイス! のような」(30~34歳)
「非日常的なイベントがあったほうが、気持ちの切り替えができリフレッシュ効果もあるように感じる」(30~34歳)
「職場の人間関係向上や日ごろの上司への感謝を表すのにいい機会」(35~39歳)

など、心浮き立つイベントのひとつとして捉えたり、プレゼントを渡すことをきっかけに職場の人間関係の向上やコミュニケーションの円滑化を期待する意見が、賛成派の多数を占めた。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術ライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ