• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【安野モヨコ談2】パートナーシップの秘訣は相手に幸せにしてもらおうと思わないこと

2015年2月10日

安野モヨコが語る、夫婦のこと、仕事のこと、日常のこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 安野モヨコさんが2007年から連載をしている漫画『オチビサン』。自然豊かな架空の町・豆粒町に住むオチビサンとその仲間たちによる日々の営みを温かい視点で描いたこの作品は、「疲れた心が癒される」と働く女性からも絶大な支持を得ている。この作品を基に日経ウーマンオンラインで連載中の「オチビサン歳時記」も根強い人気だ。一時期、『オチビサン』以外の連載を休んでいたという安野モヨコさんに、その理由やオチビサンに込めたメッセージ、働く女性に今伝えたいことなどについてお話を伺った。

安野モヨコさん
漫画家。『働きマン』『さくらん』『ハッピー・マニア』などの作品がある。『シュガシュガルーン』で第29回講談社漫画賞を受賞。現在「AERA」で『オチビサン』「FEEL YOUNG」で『鼻下長紳士回顧録』を連載中。
公式サイト:
http://annomoyoco.com/

Twitter:
https://twitter.com/anno_moyoco

Facebook:
https://www.facebook.com/annomoyoco

――著書の「監督不行届」では、旦那様の庵野秀明監督とのユニークで仲睦まじいご夫婦関係が伺えます。お互いが一緒にいることを楽しみ、面白がり、心からリラックスしていらっしゃる様子がとても素敵です。結婚相手や恋人と、“素敵なパートナーシップ”を築く秘訣は、なんでしょうか?

安野さん(以下、安野) ありがとうございます(笑)。そうですね、相手に幸せにしてもらおうと思わないことでしょうか。自分が相手に対して何ができるのかを考えます。

 もちろん、一方的に尽くしすぎても疲れてしまうので、バランスは大事ですけれど。私も、一方的に尽くしすぎてくたびれたことがあったので、そういう時は、「私、あなたに尽くしすぎてすごくくたびれたから、肩揉んで!」と急いで言います(笑)。

――溜めずに伝えるのが大事だと(笑)。

安野 大事ですよ。くたびれたからといって、相手に気持ちを伝えないまま当り散らしたり、文句を言っても男の人は分からないですからね。言わないと伝わらないです、絶対に。

 怒る時も「今、私は○○の理由で怒っているけれど、もし怒ってほしくないのなら、こういうことをして欲しいです」と、“できるだけ具体的に”に伝えますね。

――付き合いが長かったり、結婚すると、つい“あうんの呼吸”を求めてしまいがちになりますが…。

安野 それを求めるのは、無理だと思いますね。私もいまだに夫に、「この人、いったい何言ってんだろう…」と思うことがたくさんありますよ(笑)。

 でもだからこそ、言葉を尽くして説明するし、夫にも「説明して」と伝えます。毎回面倒くさがらず、自分が何を求めているかをひとつひとつ伝えていくことだと思います。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ