• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【安野モヨコ談1】心が折れてもいい。ただどうしたら元気になれるかを知っておこう

2015年2月9日

安野モヨコが語るオチビサンに込めた思い&心が折れたときの対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 安野モヨコさんが2007年から連載をしている漫画『オチビサン』。自然豊かな架空の町・豆粒町に住むオチビサンとその仲間たちによる日々の営みを温かい視点で描いたこの作品は、「疲れた心が癒される」と働く女性からも絶大な支持を得ている。この作品を基に日経ウーマンオンラインで連載中の「オチビサン歳時記」も根強い人気だ。一時期、『オチビサン』以外の連載を休んでいたという安野モヨコさんに、その理由やオチビサンに込めたメッセージ、働く女性に今伝えたいことなどについてお話を伺った。今日と明日、2回に分けてお届けする。

――『オチビサン』に登場するオチビチンや仲間たちの純粋な視点やまっすぐな言葉は、時に私たちが忘れてしまったものや、素通りしているものに気づかせてくれます。物語の発想は、どんな時に思いつかれるのでしょうか?

安野さん(以下、安野) この作品の舞台は、鎌倉の豆粒町という架空の町なのですが、ちょうど偶然にも漫画を描き始める直前に鎌倉の町が気に入って、引っ越しをしました。そんな鎌倉での暮らしの中でふと感じたことや目にしたもの、ぼんやりしているときに思い出したことなど、私自身が日常で抱いた素直な感覚をそのまま描いています。

 でも、実はどれもすごくシンプルで、皆さんどこかで感じたことがあるものばかりだと思うんです。あえて口にするほどのことでもないとそのまま流しているうちに消えていってしまう。そんな小さな事柄を拾い上げています。

――『ハッピー・マニア』『働きマン』など、これまでリアリティ溢れる“女の生き様”を描かれることが多かったと思うのですが、『オチビサン』は、どこかノスタルジックでぬくもりに溢れ、これまでの作品とはまた違った世界観を感じます。どんなメッセージを込められたのでしょうか。『オチビサン』を描こうと思われたきっかけを教えてください。

安野モヨコさん
漫画家。『働きマン』『さくらん』『ハッピー・マニア』などの作品がある。『シュガシュガルーン』で第29回講談社漫画賞を受賞。現在「AERA」で『オチビサン』「FEEL YOUNG」で『鼻下長紳士回顧録』を連載中。
公式サイト:
http://annomoyoco.com/

Twitter:
https://twitter.com/anno_moyoco

Facebook:
https://www.facebook.com/annomoyoco

安野 以前、バリバリ働くキャリアウーマンが主人公の『働きマン』を描いたとき、読者の方からたくさんお手紙をいただいたんです。

 「私も頑張っています」という方もたくさんいたのですが、実はそれと同じくらい「頑張って働いていたけれどくたびれてしまい、今は休んでいます」とか「頑張りすぎて身体を壊してしまいました」というお手紙も多かったんです。それを懐かしく思う人もいれば、「苦しくて今は読めない」という声も。

 私自身、『働きマン』を描くときは、「これじゃダメなんじゃないか」「もっとこうしたほうがいいのでは?」と何度も考えて描き直すなど、かなり肩に力が入っていました。そういう感覚を読者の方も共有してくださるので、良い時はいいけけれど、心がくたびれていると読むのが辛い人もいるんだなと。

 当時、私もあまりにたくさんの連載を抱えてずっとやっていたのでくたびれ果てていました。だから、『オチビサン』は、あまり頭で考えすぎず、心の感じたままリラックスして描いてみよう、そんな風に描くことで、読んだ方もフッと肩の力を抜いて楽しんでもらえるのではと思ったんです。

 私自身、『オチビサン』を描くことで、だいぶ心が癒されたし、救われました。



『オチビサン』は、私にとって心理療法のようなものだったのかも

――『オチビサン』を描くことで、安野さん自身にも変化が?

安野 一番大きかったのは、体調の変化です。それまでまったく休む間もなく走り続けてきたので心身ともに疲れきってしまい、うつ病と慢性疲労症候群になって、2008年から『オチビサン』以外の連載をお休みしていたんです。

 ベッドから起き上がることもできない状態でしたが、なんとか1日30分だけ起きあがって下書きをし、次の日また30分だけ作業して…というふうに1週間かけて漫画を仕上げる。そんな生活が、5年間ほど続きました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方エンタメ暮らし方ライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ