• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

高級ブランドの洋服やバッグを高く買い取ってもらう方法は?

2015年2月6日

各社の査定を比較したら…。買い取り価格はここで決まる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 “たんすの肥やし”になっている洋服やブランド品。これらを高く売るにもコツがある。

 まず、洋服で高額買取の対象となるのは、流行のデザインで、かつ保管状態が良いもの。流行のサイクルは2~3年といわれており、3年以上前の服は査定額が落ちる。着るつもりがないなら、早めに売るのが得策だ。

 目立つ汚れや破れた箇所があると買い取りされない。においも査定で減額されるので要注意。クリーニングに出す必要はないが、洗濯は必須だ。柔軟剤の香りは、減額対象にはならない。

 もう一つ大事なのは、季節ものであること。12月なら、コートやマフラーなどが高額買取される。もし夏ものを処分するなら、半年待って査定に出すほうがいい。

 服は、高級ブランド、カジュアルブランドの他、ファストファッションでも、状態が良ければ売れる場合が多い。ただし、査定額は1点数十円程度だ。同様に買取価格が低いのは、ノーブランドのスーツ。しかも、名前が刺しゅうされていると、売れない。子供服も買い取りができない店が多いので、事前に確認したい。

 バッグは、服と同様に購入年や保管状態次第で高額買取になる。とはいえ、服とは異なり、購入年よりも保管状態が重視される。「20年前のルイ・ヴィトンのバッグでも、状態が良ければ買い取る」(ブランディア)という業者もある。ただし、流行のデザインかどうかは大きな評価基準。バッグは、「現在も販売されている“現役のデザイン”なら高額で買い取るが、廃版になったものだと状態が良くても査定額は低くなる」(コメ兵)という。

 なお当然だが、ブランド品のコピー品は買い取られない。また、プラダ、グッチなどコピー品が多く出回っているブランドのものは、買取時にギャランティーカード(正規品であることを示す証明書)が必要になる場合もある。

早めの売却がカギ。クリーニングは不要

【1】 服は3年以内
   オンシーズンに売る

服は流行のサイクルが早い。購入後、3年以内が目安だ。さらにオンシーズンに売れば査定額はアップ。今なら冬ものが高額買取の対象に

【2】 クリーニング不要
   洗濯して持ち込む

服は事前にクリーニングに出す必要はないが、洗濯は必須。特ににおいは要注意。たばこや香水の他、防虫剤のにおいで減額も

【3】 ブランド品は状態が命
   良好なら古くても高額

ルイ・ヴィトンやシャネルのバッグなど人気ブランドは購入年にかかわらず高額査定。ただしシミやキズなど保管状態が悪いと減額


この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お買い物・節約術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ