• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

使い捨てマスクの用途が多様化、通年使用も

2015年2月3日

寒さ対策、乾燥予防、ノーメーク対策にも重宝。コスパがポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
使い捨てマスクを使用するシチュエーション
使い捨てマスクを使用するシチュエーション
使い捨てマスクを使用する季節
使い捨てマスクを使用する季節
使い捨てマスクの交換頻度
使い捨てマスクの交換頻度
使い捨てマスクの購入時のポイント
使い捨てマスクの購入時のポイント

 フィールドマーケティング支援サービスのソフトブレーン・フィールドは、20歳以上の男女6953人を対象に実施した使い捨てマスクに関する調査の結果を発表した。それによると、使い捨てマスクの用途はインフルエンザや花粉対策に限らず多様化しており、通年使用が徐々に浸透しつつある。

 使い捨てマスクを使用するシチュエーションは「風邪・インフルエンザ予防」(59.9%)が最も多く、次いで「風邪・インフルエンザ罹患時」(56.5%)、「花粉対策」(35.4%)と続いた。

 女性は男性より使い捨てマスクの着用が多く、トップ3のいずれも女性が男性より約9ポイント以上高かった。その他では「寒さ対策」「唇や顔の乾燥予防」「ノーメイク又は無精髭の時」の着用でも女性が男性を大幅に上回った。

 使い捨てマスクを使用する季節は「冬(12月―2月)」が75.5%で最も多く、「春(3月―5月)」が36.2%で続いた。また17.5%が季節に関係なく「通年で使用する」と答え、特に女性は5人に1人(20.4%)が通年使っている。

 使い捨てマスクの交換頻度は、「1日に1回」(63.7%)との回答が最多だった。「2―3時間に1回以上」(1.8%)、「半日に1回」(10.1%)と頻繁に変える人がいる一方、4人に1人(24.4%)が複数日使用している。

 使い捨てマスクの購入時に重視するポイントは、「価格」(66.3%)が1位に挙げられ、以下「形・サイズ」(52.9%)、「フィット感」(52.4%)、「カット効果」(45.1%)が続いた。

 「形・サイズ」は男女の差が最も顕著で、女性の約6割(59.7%)がこだわるのに対し、男性は約4割(42.3%)にとどまった。自由回答でも、女性はコストパフォーマンスに加え「普通サイズだと大きすぎるので必ず女性・子供サイズを買う」「風邪やウイルスの予防を考えるとフィットする形は大切」と、サイズやフィット感に関するコメントが多数寄せられた。

 また、「ノーメイクを隠すためのマスクはこだわりなし。インフルエンザ予防では『99%以上カット』を使用」「目的によってマスクの厚み、シルエット、値段(クオリティ)を変える」など、用途に応じて使い分けている意見も見受けられた。

■関連情報
・ソフトブレーン・フィールドのWebサイト www.sbfield.co.jp

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ