• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

バレンタインの本気チョコ、ポイントはチョコの内容より渡し方

2015年2月12日

一気に距離を縮めようと考えてはダメ!一歩縮めることを目標に!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 2月14日はバレンタイン。「この日をきっかけに気になる彼との距離を縮めたい」「付き合っている彼に喜んでもらえるようなプレゼントをしたい」などと考えている女性も多いだろう。そこで編集部では読者の皆さんから寄せられたバレンタインに関するお悩みのうち、代表的な3つをピックアップ。「この人に相談すると必ず結果を出せるアドバイスがもらえる」と話題で、このほど初の著書『「この女に愛されたい」と思われる“彼女”になる方法』を上梓した恋愛専門コーチ・立川ルリ子さんにアドバイスを伺った。

【相談】
仲のいい年下の同僚男性。
バレンタインデーを機に距離をぐっと縮めたい


 社内に気になる男性がいます。彼は3歳年下のSEで、部署は違うけれど同じプロジェクトを担当しています。仕事が終わったあとに、私と彼と他のメンバーとでよく飲みに行きます。最近は二人だけのときもあり、仕事だけでなく、プライベートの話もします。土日に二人きりで会ったことはありません。ちなみに、彼に恋人はいません。
 バレンタインデーを機会に、彼との距離を縮めたいのですが。今年は14日が土曜日で会社がお休みなこともあり、どうしたらいいか悩んでいます。

バレンタインデーをきっかけに、「休日に二人で会う関係」を目指す

 気になる彼がいる人は、バレンタインデーというイベントを機に「いっきに距離を縮めたい」と思いがちです。けれど、イベントを使っていっきに距離を縮めようとするのは少々焦りすぎです。ものごとには段階があります。一足飛びには進めません。「今の二人の関係はこんな状態。だから、次はこんな状態になりたい」と想定して、動いていくことです。

 今回のケースでは、仕事仲間としてお互いに信頼感がある間柄。しかも、「二人で飲みに行くこともある」という距離感です。けれど、休日に二人で会ったことはない。そのため次に目指すべきは、「休日に二人で会う」という距離感です。そこで、バレンタインデーを、「初めて、休日に二人で会った日」にするといいでしょう。

「俺、もしかして特別扱いされてる?」と、彼に感じさせよう

 そのための2つの作戦を紹介します。

 1つ目は、名付けて「24時越えのシンデレラ作戦」。この作戦ではまず、バレンタインデー前日の13日金曜日に、二人で食事か飲みに行きます。誘う際は、気軽な感じで「13日の金曜日、ごはん食べにいかない?」と何日か前から声をかけておくのがコツ。そして当日は、二人で一緒に14日を迎えてください。普段は23時30分に電車に乗っていたとしても、この日はタクシー帰りを覚悟のうえで、24時まで一緒にいるようにしてください。「楽しくて盛り上がっていたら、24時過ぎちゃった」というようなノリです。もしくは、「駅のホームで、二人で電車を待っている間に24時になった」でも構いません。

 そして、14日になった瞬間に「一番に渡したかったんだ」とチョコレートを渡します。これも、さらりと、さりげなく言うのがポイント。渡す側の気持ちとしては、「友達の中ではあなたが一番」というくらいのノリがいいでしょう。

 こうすることで、重く感じさせることなく、「あなたは特別」と彼に伝えることができます。男性は「俺、特別扱いされてるかも」と感じると、「どういう意味だろう。俺のこと好きなの? それとも友達?」という気持ちになるものです。もし、彼の中に「どっちなんだろう、確かめたい」という気持ちが湧けば、進展しやすくなるでしょう。

 仮に、彼が同僚としてしかあなたを見ておらず、進展しなかったとしても、「さりげないノリ」で特別感を伝えておけば、「友達の中では特別という意味」で済み、何ごともなかったかのように同僚のポジションに戻れます。

 できれば、二人で食事をしているときに「今度映画を見に行こうよ」などの話題をふっておくといいでしょう。そうすると、チョコを渡した後、別れ際などに、「明日、何してる?」「何もないけど?」「じゃあ映画でも行こうよ」と、話が進みやすくなります。もし14日がダメでも、「来週末はどう?」と言いやすくなるはず。こうして、「休日に二人で会う」につなげてみてください。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ