• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

書店の利用、リアルとネットの使い分けは?

2015年1月27日

40歳代はリアル書店とネット書店の利用差が少ないという実態に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
過去1年間に書籍購入に利用したチャネル(全体)
過去1年間に書籍購入に利用したチャネル(全体)
過去1年間に書籍購入に利用したチャネル(年代別)
過去1年間に書籍購入に利用したチャネル(年代別)
リアル書店/ネット書店を利用する書籍トップ3(ジャンル別)
リアル書店/ネット書店を利用する書籍トップ3(ジャンル別)
リアル書店/ネット書店を利用する書籍トップ3(特徴別)
リアル書店/ネット書店を利用する書籍トップ3(特徴別)

 日本通信販売協会(JADMA)は実店舗の書籍販売(リアル書店)とオンラインの書籍販売(ネット書店)の利用実態に関する調査結果を発表した。10歳代―60歳代の男女1000人に過去1年間で書籍購入に利用したことがあるチャネルを聞いたところ、「リアル書店」が73.7%で最も多く、「ネット書店(電子書籍を除く)」が44.8%で続いた。「コンビニ・売店」は13.2%、「ネット通販(電子書籍)」は11.5%だった。

 年代別で見てみると、40歳代はリアル書店(67.7%)とネット書店(57.7%)の利用差が10ポイントと最も少なかった。シニア層へのネット書店浸透は比較的広がっており、60歳代のネット書店利用率(39.6%)は10歳代(36%)と20歳代(38.9%)を上回る。10歳代、20歳代、30歳代の若い年代の方が40歳代以降より両書店の利用率に開きがあった。

 書籍ジャンル別に購入時に利用したチャネルを分析したところ、リアル書店を利用する率が高いジャンルは1位から「ライトノベル」「小説/ノンフィクション」「雑誌」となった。ネット書店のトップ3は「コミックス」「趣味の本」「小説/ノンフィクション」だった。

 書籍の特徴別で見ると、リアル書店では「ベストセラー」「初めて買う作家の本」「好きな作家の最新刊」がトップ3に挙げられ、ネット書店では「まとめ買いする本」「中古で買う本」「今読んでいる本の関連本」が上位に並んだ。

 リアル書店は、話題の書籍や待望の新刊の購入、最新情報の入手などに利用する傾向が高く、ネット書店は、目当ての書籍が明確で、かさばるなど購入に手間がかかる場合に利用する傾向が見られる。


■関連情報
・JADMA(ジャドマ)のWebサイト www.jadma.org/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方お買い物・節約術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ