• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く人のランチ習慣、調査結果を発表!

2015年1月26日

働く人のランチ、糖と脂肪だらけ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
ランチ選びに求めることは
ランチ選びに求めることは
普段ランチで食べることの多いメニューは
普段ランチで食べることの多いメニューは
野菜を意識して食べているか
野菜を意識して食べているか
大盛り/おかわり無料サービスを利用するか
大盛り/おかわり無料サービスを利用するか
主食×主食を食べる頻度は
主食×主食を食べる頻度は
炭水化物に依存していると思うか
炭水化物に依存していると思うか
脂に依存していると思うか
脂に依存していると思うか

 現代食生活における健康リスクの啓発を目的とした「脂肪と糖の研究室」は、働く人のランチ習慣実態に関する調査結果を発表した。それによると、ランチに求めるの要素は「価格の安さ」(71.3%)がダントツの1位で、「美味しさ」(54.7%)を大きく上回った。「早さ、効率」(35.2%)を求める人も多く、脂肪と糖をたっぷり含んだ手軽にお腹にたまる単品ランチ傾向が進むことが懸念される。

 20歳代―50歳代の働く男女約1000人に、ランチで食べることの多いメニューを聞いたところ、丼やラーメン、パスタといった「単品」が41.9%にのぼり、「定食(単品ものを主軸とした定食を含まない)」は15.5%にとどまった。「おにぎり」と「パン」を合わせた28.7%も含めると、7割以上が普段、炭水化物や脂質だらけのランチを食べている。

 野菜を必ず意識して食べている人は26.5%、何となく意識している人は32.5%で、残りの4割以上はランチで野菜をほとんど食べない。

 「大盛り/おかわり無料サービス」を利用するという人は圧倒的に男性(44.9%)の方が顕著だが、女性でも2割以上(21.0%)が利用している。

 主食と主食を組み合て食べる頻度は男性(43.4%)の方が多いものの、女性(32.9%)も決して少なくない。男性はご飯やラーメン、うどんなど麺類との組み合わせが多いのに対し、女性はパンやおにぎりといった手軽なものが多い

 自分のランチ習慣を振り返って、炭水化物と脂に依存していると思うか聞いてみると、全体の6割以上(65.2%)が「炭水化物依存」を自覚し、約5割(49.8%)が「脂依存」だと考えている。炭水化物に糖質が多く含まれていることを知らない人は過半数(53.1%)にのぼり、特に和食メニューで糖を多く含んでいるという認識が低い。

■関連情報
・脂肪と糖の研究室のWebサイト www.shibou-tou.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ