• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

2015年の転職市場最前線!追い風の今だからこそ、働き方を見直すチャンス

2015年1月5日

転職でのキャリアアップを目指すなら、今年前半から準備を始めて

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 景気回復ムードの中、「10年ぶり」と言われるほどの盛り上がりを見せた2014年の転職市場。果たしてこの活況は今年も続くのか? 総合人材サービス会社・リクルートキャリアに今年の転職事情について尋ねてみた。

2014年に続き、求人件数は増加傾向の見通し

 まず気になるのは、今年の求人市場の予測。リクルートキャリアの関口昌代さんによると、「昨年に引き続いて、ゆるやかな増加傾向は続く」との見通しだ。

 「この10年間、採用を控えていた企業が2014年になって、ようやく採用に積極的になりました。ところが、採用活動に着手したものの条件に合う人材が見つからず、年内に人手不足を解消しきれなかった企業が多い。そのため引き続き求人件数は伸びると思われますが、昨年ほどの急激な上昇ではなく、ゆるやかな増加傾向になるのでは」

 リクルートワークス研究所が民間企業に対して行った調査でも、2015年の中途採用見通しは「増える」が13.0%、「減る」が4.0%となっており、「増える」が上回っていることが判明。従業員5000人以上企業、中でも飲食サービス業や建設業など人手不足が顕著な業種では、「増える」が大きく上回っているという。

(C)2014 Recruit Holdings Co.,Ltd. Recruit Works Institute All Rights Reserved.

 では、転職を視野に入れているウーマン世代は、どのように動いていけばよいのだろうか。

 「2015年いっぱいは求人件数の増加が見込まれるものの、その後はどうなるか予測が付きません。派遣社員から契約社員、契約社員から正社員を目指すのであれば、今年前半には動くことをおすすめします。特に女性のアシスタント職は4月入社の求人が増える。そこを目指すなら、1~2月には転職に向けて動きたいですね」と関口さん。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
就職・転職働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ