• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

SNSでどこまで自己演出できる?

2014年12月24日

シェアするニュース記事やコラムで自己ブランディングする傾向

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
SNS上の自分をよく見せたいと思うことはあるか
SNS上の自分をよく見せたいと思うことはあるか
SNSに投稿する際、自分がどのように見られているかを意識しているか
SNSに投稿する際、自分がどのように見られているかを意識しているか

 トレンド総研は女性のSNS利用に関する意識・実態調査を実施した。その結果から、非常に多くの女性がSNSでの投稿やシェアによって自己演出を実践していることが分かった。

 日常的にSNSを利用している20歳代—30歳代の女性500人に、普段の生活とSNS上の自分ではキャラクターに違いがあるか聞いたところ、26%が「違いがある」と答えた。「SNSにおいて自分をよく見せたいと思うことがある」という人は50%を占め、具体的には「おしゃれに見せたい」「リア充だと思われたい」といったコメントが多く見られた。

 自分がどのように見られているかも常に気にしている様子で、58%がSNSに投稿する際に自分がどう見られるか意識し、35%がニュース記事やコラムなどをシェアする際にも自分がどう見られるかを意識している。

 面白いニュース記事やコラムだと思っても、SNS上でシェアしないことが「ある」という人は88%にのぼった。その理由としては「普段クールに見られるので感動系はシェアしにくい」「マニアックだと思われたくない」「仲間内の雰囲気に合わない」などの意見が目立った。

 他人がSNSでシェアするニュース記事などについても「その人のイメージに影響する」(77%)と感じ、シェアされた記事などによって「好感度が下がったことがある」(48%)と、周囲への視線も厳しい。これを踏まえ、SNS上でシェアするニュース記事やコラムによって、自己演出をすることは可能だと思うか聞いてみると、84%が「自己演出は可能」と答えた。

 マーケティングライターの牛窪恵氏によると、もともと女性は男性より自分を演じ分ける傾向が強いことに加え、物心がついてから右肩下がりの時代を生きている現在の20歳代・30歳代は素の自分に自信を持ちにくく、そのため変身や自己演出によって自分のブランディングを築こうとする。一方で、親しい人たちだけには素の自分を分かってほしいという思いもあり、記事をシェアすることによって「素」の感情や共感をアピールしたい欲求も垣間見える。

■関連情報
・トレンド総研のWebサイト www.trendsoken.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
PC・スマホライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ