• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【明太子おにぎり対決】価格帯も見た目も同じのガチンコ勝負を制したのは?

2014年12月24日

味覚分析とプロによる実食テストで一番おいしい商品を決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

3商品とも見た目に大きな違いはない

 第3回のコンビニ食品実食テストは、おにぎりの中でも人気が高い明太子おにぎり。ちょっと値が張るプレミアムバージョンも各コンビニから販売されているが、今回は手が出しやすい通常ラインの明太子おにぎりを比較する。味香り戦略研究所による味覚分析とプロによる実食テストで、一番おいしい明太子おにぎりを明らかにしよう。

 実食するのは以下の3商品。

●セブン-イレブン「手巻おにぎり 北海道産辛子明太子」(130円)
●ローソン「手巻おにぎり 辛子明太子」(125円)
●ファミリーマート「手巻 辛子明太子」(130円)

 いずれも通常ラインの明太子おにぎりで、価格に大きな違いはない。3商品ともすべて海苔を後から巻く手巻きタイプで、パリッとした海苔の食感が楽しめる。また、各コンビニともに切れ子ではなく、明太子の粒感と旨味をしっかりと感じられるバラコを使用している。今回の対決は、価格帯も見た目もほとんど変わらないガチンコ勝負だ。

 その一方で、各社は具材となる明太子のパッケージへの打ち出しは少々異なる。セブン-イレブンは“北海道産”と産地を記載し、さらに“つぶつぶ食感”と食欲をそそる言葉が並ぶ。ファミリーマートは“二段熟成仕込”と製造へのこだわりを打ち出している。

セブン‐イレブン
「手巻おにぎり 北海道産辛子明太子」
“北海道産”と明太子の産地を強調したパッケージ。税込み価格は140円。カロリー167kcal、Na量360mg。
ローソン
「手巻おにぎり 辛子明太子」
税込み135円と、わずかな差ではあるが価格が一番安い。カロリー169kcal、Na量440mg。
ファミリーマート
「辛子明太子」
“二段熟成仕込”という、2度漬け込み熟成させた明太子を使用。税込み140円。カロリー176kcal、Na量551mg。

 使用している食材や見た目に大きな差はないが、味はどう違うのだろうか? 早速テストしていこう。

実食テストは11月7日に、東京・港区にあるコンビニ各店で購入したおにぎりを使用して行いました。審査員にはどこのコンビニか分からないブラインドで実食してもらい順位をつけてもらいました。おにぎりの製造メーカーの違いやリニューアルなどで味が変わる可能性がありますので、今回の味覚分析や実食テストの内容と実際の商品の味や仕様が異なることがあります。また、実食テストの感想はあくまで個人の意見です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ