• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

2014年、ダイエッターに1番人気の市販食品は

2014年12月17日

ダイエット中の野菜、果物、乳製品などの不足を補う市販食品が多くランクイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
あすけんのホーム画面
あすけんのホーム画面

 ダイエット支援アプリ「あすけん」を開発・運用するウィットは、ダイエットに取り組んでいる人が今年よく食べた市販食品のランキングを発表した。それによると、ダイエッターの人気が最も高いのは「フルーツグラノーラ フルグラ」(カルビー)だった。

 調査では、あすけんのユーザーが2014年1月―11月に入力した約6000万件の食事記録から、市販食品の記録回数を抽出し、集計した。

 フルーツグラノーラは食物繊維や鉄などを多く含む栄養豊富な食品で、「朝食を抜くと逆に太る」という考え方が浸透してきたことも手伝って、朝食に適量食べるというダイエッターが増えている。グラノーラはシリアルをシロップでコーティングしているため、美味しくても食べ過ぎないことがポイントだと、専門家はアドバイスしている。

 2位に付けたのは「野菜一日これ一本」(カゴメ)。気になる野菜不足を手軽に補えるとあって、野菜ジュースはダイエッターに好まれる。しかし、野菜ジュース1本で済むと考えずに、通常の野菜料理も合わせて食べるよう専門家は勧めている。

 3位は「調製豆乳」(キッコーマン飲料)だった。豆乳は牛乳よりも脂質が少なく、女性ホルモン同様の働きをするイソフラボンが含まれることから美容目的で愛飲している人も多い。

 4位以下は「1日分の野菜」(伊藤園)、「ビヒダスBB536プレーンヨーグルト脂肪0」(森永乳業)、「マルチビタミン30日分」(DHC)、「すっきりCa鉄 低脂肪」(雪印メグミルク)、「ナチュレ恵megumi 脂肪0」(雪印メグミルク)、「ヤクルト」(ヤクルト)、「調製豆乳 カロリー45%オフ」(マルサンアイ)と続いた。

 ダイエット中の野菜、果物、乳製品などの不足を補う市販食品が多くランクインし、中でも低脂肪を選ぶなどダイエッターらしい工夫が見られた。
 

■関連情報
・あすけんのWebサイト www.asken.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ダイエットカラダの悩み・病気健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ