• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働き女子の2014年5大ニュース

2014年12月16日

みんなの「今年を表す言葉」は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 2014年も、いよいよ大詰め。この1年は、皆さんにとってどんな年だったでしょうか。日経ウーマンオンラインでは、働き女子の皆さんに、「2014年に最も印象に残ったニュース」と「あなたにとっての2014年を表す言葉」をたずねるアンケートを実施。消費税引き上げから羽生結弦選手の活躍まで、多くの回答が寄せられました。回答数が多かった項目を中心に、2014年を一気に振り返ります!

【調査概要】
●調査期間:2014年10月31日(金)~2014年11月30日(日)
●回答数:863名

■消費税8%に引き上げ

 4月、消費税が8%に引き上げられました。生活に直結するニュースだけに、働き女子からは「実質3%の上昇なのに、こんなに高いのかと痛感(30歳)」「ベースアップ以上に増税されたので、アベノミクスどころか生活が苦しいです(27歳)」などの悲鳴が。経済的負担だけでなく、職場のシステムの変更などで、増税に翻弄された人もいたようです。

 第2段階として、2015年に10%まで引き上げられる予定だった消費税ですが、ご存じの通り衆議院解散・総選挙が行われ、17年4月まで引き上げが延長されることになりそうです。

消費税の増税があったので細々とした業務やシステムの変更・不具合がとにかく大変でした。会社中大混乱といった様子でした。(28歳)

とにかく景気が回復しないうちに、「消費税増」のダブルパンチ。懐が寂しい一年でした。節約に明け暮れて、少し節約疲れな気がします。クリスマスには贅沢して美味しい食事をしたい…。(年齢不明)

■御嶽山噴火

 9月、長野県と岐阜県の県境に位置する御嶽山(標高3067メートル)が噴火しました。57人が亡くなり、現在も6人が行方不明のままです。登山者が撮影した噴火直後の映像などがニュースで流れ、衝撃を受けた人も多かったようです。登山を趣味にする女性も増えつつある昨今、「噴火の1週間前に友人が御嶽山に登っていて、もし1週間ズレていたら…と思うと心が苦しかった(30歳)」など、他人事ではなく、日常のすぐ隣にあるものとして自然の脅威を感じたという意見が複数寄せられました。

今までは噴火といっても「あぁ噴火したなぁ」と思い他人事でしたが、今回の御嶽山噴火で多大な人的被害があり、被害にあった方々をメディアを通して見ると自然の脅威を身近に感じました。(34歳)

趣味で登山をしているので怖いと思いました。(年齢不明)

台風や地震など災害が起きてもただちに死に繋がるケースは稀です。この出来事はいったいどうしたらよかったのか答えが出ない、本当にショッキングなニュースでした。(30歳)

■STAP細胞論文問題

 1月、「STAP細胞」の存在を発表し、一躍時の人となって「リケジョ」ブームを巻き起こした理化学研究所の小保方晴子さん。しかし、論文に使われている画像データなどについて不自然な点があることが問題に。4月には小保方さん本人による記者会見が開かれ、8月には小保方さんの上司が自殺を図るなど、問題は衝撃的な展開をたどりました。STAP細胞が存在するのかどうか、理研は2015年3月をめどに最終的な結論を出す方針です。

 働き女子からは「理系女性の信頼性を損ねた(年齢不明)」「世界的な場で日本が恥をかいた結末にがっかり(35歳)」など、厳しい声が上がりました。

ニュースの内容はもちろん、小保方さんの取り上げられ方(容姿や研究室など、ニュースに関係のない女性ならではの内容まで大げさに取り上げられていたこと)も印象に残っています。(25歳)

働く女性の希望が一転、真実が何かわからず、科学の世界で有望な人が死亡したニュースが印象的です。(28歳)

良くも悪くも、女性というのは注目されるものだとしみじみ思いました。(30歳)

当初はとても素晴らしく誇らしいニュースだと思って歓迎していましたが、ほころびが出てきて最初に喜んだ分余計にがっかりしました。この件ではメディアの報道の仕方にも疑問を感じるところがあり、二重に印象に残っています。(31歳)

 つづいては、やはり「女性」によるアレ…。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ