• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

その“冷え”もしかしたら「甲状腺の異常」かも!?

2014年12月19日

寝付けないほどの冷えを体感している女性は必見!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 冬の悩みで多いのが、身体の「冷え」です。この時期は、とくに足先や手先が冷たくて、仕事に集中できない、夜なかなか寝付けないといった悩みをかかえる人もいるようです。これほどまでの「冷え」を訴える人は、「低体温」を疑ってもいいかもしれません。

低体温とは?

 人間は恒温動物です。微妙な個人差こそありますが、一般には体温を36~37℃くらいに保てるようになっています。寒いときには、皮膚表面に近い血管を収縮して熱が逃げるのを防ぎ、体内ではエネルギーを燃やして熱を作り出しています。ところが、この体温が35℃台になっている人がいます。これを「低体温」といいます。

 症状としては、手足の恒常的な「冷え」があり、当然身体の血の巡りもよくないので、むくみや腰痛、女性であれば生理痛、生理不順といったものがあります。

気づきにくい体内の症状!

 人間の身体は、36~37℃の適温でもっとも体内酵素が働くようにできています。低体温になると、この酵素が働かなくなるので、消化機能が低下したり免疫力が落ちるなどして、病気にかかりやすくなってしまいます。とくに身体の冷えを自覚したことはないけれど、「すぐに疲れる」「風邪をひきやすい」という人は、平熱が低く、低体温である可能性があります。

どうして低体温になるの?

 ひとつには、特異な生活習慣が挙げられます。次に当てはまる人は改善をしてみましょう。

・食事の偏り
・運動不足
・睡眠不足
・冷たい食べ物、飲み物を好む
・湯船に入らずシャワーで済ますことが多い
・喫煙

 もうひとつには、身体の代謝をつかさどる「甲状腺ホルモン」が不足する異常が考えられます。食べ物で摂取したエネルギーを燃やして生きる人間にとって、代謝能力を失うということは、体温調節ができなくなってしまう、ということです。甲状腺ホルモンが不足している場合には、低体温になるほかにも、脈拍が遅くなる、身体がだるくなる、精神的に落ち込むといった症状があります。治療には投薬が必要となるので、心当たりがある人は、一度病院でみてもらいましょう。

(※「Mocosuku」2014年12月5日付の記事を転載)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ