• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性の9割以上がこの時期、身体のこりを感じている

2014年12月11日

原因は「冷え」「同じ姿勢(運動不足)」「疲労」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
1年の中で特に腰・肩・首のこりを感じる季節は
1年の中で特に腰・肩・首のこりを感じる季節は
自分は冷え性だと思うか
自分は冷え性だと思うか
腰のこりや痛み、肩・首のこりを感じる際についとっている行動は
腰のこりや痛み、肩・首のこりを感じる際についとっている行動は
ぎっくり腰になったことはあるか
ぎっくり腰になったことはあるか

 「ウェルラボ」サイトを通じて、女性が健康で豊かな生活を実現するための情報を発信する「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」は、身体のこりと腰痛・ぎっくり腰についての意識調査の結果を発表した。20歳―59歳の女性446人に、1年のうちで特に腰・肩・首のこりを感じる季節を尋ねると、「一年中」との回答が5割前後、「冬」が4割以上で、この時期は9割以上の女性が身体のこりを感じていることが分かった。

 こりの原因は「冷え」「同じ姿勢(運動不足)」「疲労」などによって血流が滞り、筋肉を形成する細胞に酸素や栄養が行き届かないことに起因する。回答者の80%は自分が冷え性だと感じており、79%は腰のこりや痛み、肩・首のこりを感じる際に「気がつくとしばらくの間同じ姿勢をとっている」と答えている。また、年末は忘年会などの付き合いも多い上に、大掃除などの普段やらない作業も発生し、疲労がたまりやすいと考えられる。

 腰はこりを感じにくいため気づかないうちに疲労が蓄積する傾向にあり、それが腰痛を引き起こし、さらに進むと何かの拍子に突然激しい痛みを感じて動けなくなるぎっくり腰になるおそれがある。

 「ぎっくり腰になったことがある」あるいは「ぎっくり腰になりそうで怖いときがある」と答えた割合は、20歳代(51%)でも半数を超え、30歳代(73%)、40歳代(79%)、50歳代(76%)は7割以上にのぼる。

 ウーマンウェルネス研究会は、身体のこりやぎっくり腰を予防する対策として、入浴の際に38―40℃のお湯にゆっくり入ること、薄着をせずにしっかりと防寒すること、パソコンやスマートフォンに集中しても30分おきにストレッチすることを勧めている。また、大掃除などで重いゴミや荷物を持ち上げる場合は、しっかり膝を曲げて腰を落としてから、ゆっくり持ち上げるようアドバイスしている。

■関連情報
・ウェルラボのWebサイト www.well-lab.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ