• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

緊急号外! この冬に絶対見てほしいドキュメンタリー映画3本

2014年12月12日

ドキュメンタリーにこそ人間ドラマがある

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 2014年も残すところ1カ月を切りました。当サイト内の連載「女子による女子のための映画・DVDガイド」では、今年もたくさんの劇場公開映画やDVDを紹介してきましたが、今回、連載とは別枠で紹介したいドキュメンタリー映画が3本あります。

 3本に共通するテーマは「芸術」。美術や音楽。でも、それだけではありません。3本とも、根本に人間ドラマがあり、見応えたっぷりです! 年末年始に楽しめるドキュメンタリー3作品。ぜひ、鑑賞の参考にしてくださいね。

 3作品を公開日の早い順に紹介します。

「ふたつの祖国、ひとつの愛~イ・ジュンソプの妻~」
2014年12月13日よりポレポレ東中野ほか全国順次公開
(C) 2013天空/アジア映画社/太秦
配給:太秦

公式サイト:www.u-picc.com/Joongseopswife

 以前、当サイトでも紹介した「台湾アイデンティティー」の酒井充子監督による新作ドキュメンタリー「ふたつの祖国、ひとつの愛~イ・ジュンソプの妻~」。韓国の国民的画家として愛されている故イ・ジュンソプ(李仲燮)とその妻、山本方子(まさこ)の愛と信頼の物語です。

 数々の“韓牛”の絵で知られるイ・ジュンソプは、アジアの芸術家として初めてニューヨーク近代美術館<MoMA>に作品が所蔵された画家です。苦難の時代を生きて、死後に伝説となった彼は、第二次世界大戦中に東京の美術学校で方子と出会って、現在の北朝鮮の元山で結婚し、2人の息子をもうけますが、朝鮮戦争の戦火と貧困に追われ、日本と韓国の地で離ればなれの人生を歩むことに。

イ・ジュンソプの「黄牛」。
挙式をし、夫婦となったジュンソプと方子。

 ジュンソプは韓国、方子と子どもたちは日本で暮らし、夫妻は再会を待ちわびながら、200通にも及ぶ手紙で心をつないだそうです。

ジュンソプから届いた愛情たっぷりの手紙。

 2013年、本作の撮影カメラは、ソウルへ、そして済州島へと、車イスの旅に出た92歳の方子の姿を追い、ソウル美術館でジュンソプの絵と向き合う様子や、朝鮮戦争時に北朝鮮の元山から南に避難する際、一緒だった旧友と再会する姿などを映します。

 1956年、39歳の若さで亡くなったジュンソプ。方子はこのとき34歳。遠く離れていても、強い愛情で結ばれていた2人。方子はジュンソプの死後、世田谷の実家で息子2人を女手ひとつで気丈に育て上げました。彼女はジュンソプの死に際しても、子どもたちには悲しむ姿を一切見せなかったそうです。

 ジュンソプと方子の深い愛が胸に突き刺さる本作。ジュンソプの絵画と韓国の美しい風景を堪能しつつ、こんなに強い気持ちで貫いた遠距離愛があったんだということを、多くの人に知ってほしいと思いました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
エンタメ恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ