• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食べ物、趣味からメイク・ファッションまで!働き女子が「やってみたら、ハマったこと」

2014年12月8日

ひとり飯、ラジオ体操、街コン、明るい色の服…、やってみたら意外に良かったこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 2014年も残すところあと1カ月。日々の生活を振り返る時期でもありますね! そこで今回は「長らく『食わず嫌い』だったけれど、やってみたら意外に良かったこと」をアンケート調査してみました(アンケート回答者数:1498人 調査期間:2014年10月1日~31日)。大人になって知った美味や、人生が変わるOFFの過ごし方、人付き合いの楽しみなど納得の意見が続々! 新しい年を前に、何かひとつでも「食わず嫌い」を改めてみては?

●『食わず嫌い』と言えば食材。オトナならではの克服法

 文字通り「食べてみたら意外と美味しかった」食材の数々。「子どもの頃のイメージで敬遠していたものが、オトナになったらしみじみと美味しい」という声も寄せられている。組み合わせや、食べ方によって美味しさに開眼したという食材も…。

食べず嫌いの人が多いもシイタケだって…。

<子どもの頃はダメだった!>
オリーブが苦手でしたが、マティーニを飲みながら食べたら本当に美味しく感じました」(34歳)

「小さい頃からピクルスが苦手だったのですが、今ではあの酸っぱさがクセになり、毎食食べています。最近は買うのももったいないので、自家製ピクルスまで作るようになりました」(40歳)

セロリブルーチーズが食べられなかったが、ふとしたきっかけで食べたら美味しかった! 癖のある食べものは、年齢とともに口に合うようになるのでは?」(39歳)

。見た目から敬遠していました。子供の頃の味の思い出も良くなかったので…。でも、大人になって静岡で食べた鰻はすごく美味しくて自分でもビックリしました(笑)」(40歳)

青ジソです。昔は、無理やり食べつつも嫌いだったのですが、大人になってからは、その味や葉のザラザラした感触に慣れたのか、平気で食べられるようになりました」(40歳)

「和菓子。あんこが小さいころからずっと嫌いで全く食べなかったが、3年前にお茶を習い始めて食べ始めたら好きになった。洋菓子にはない繊細さ、季節感が何より魅力です」(38歳)

納豆。両親が嫌いで食べたことなかったが…自分で食べてドはまり!」(34歳)

シイタケ。子どもの頃はあの感触、見た目全てが嫌いでしたが、お店で食べた焼きしいたけに醤油をちょろっとかけたものはもう絶品! 大人になったからでしょうか?」(23歳)

シイタケが大嫌いでしたが、子どもに食べさせるために自分も何十年ぶりかに口にしてみたら、美味しい! 今は丸焼きでも食べられます」(35歳)

「子どもの頃から飲むヨーグルトが嫌いでまったく口にしていませんでしたが、先日ジョアをすすめられ、嫌々飲んだらとても美味しくてびっくり。長らく口にしてないものは、試しに食べてみるもんだなと思いました」(39歳)

<お店で開眼>
目玉焼きの半熟と卵かけご飯。卵はちゃんと火を通さないと食べられないと思い込んで30年。卵かけご飯の美味しいお店へ行く機会があり、あまりの美味しさにビックリ。卵かけご飯の美味しさに目覚めてしまいました。半熟の目玉焼きも自動的に食べられるようになり、これまで食べられなかったことが不思議なくらい食べています」(30歳)

牡蠣が嫌いでしたが、新鮮な牡蠣を食べて以来食べられるようになった」(33歳)

長芋=とろろが食わず嫌いでした。居酒屋で鉄板のとろろ焼きを食べてから『こんなに美味しいのか!』と感激。家でもよく作る定番料理になりました」(24歳)

鴨肉に苦手意識があったのですが、ディナーコースで出てきた鴨肉に私の大好きなバルサミコソースがかかっていたため、残してももったいないしと思って食べたらすごく美味しかった。それ以降抵抗なく積極的に注文するようになりました」(26歳)

<食べ方で新発見!>
トマト。熱を入れたもの(たとえばトマトソース)にしていろいろな料理に使ったら、食べられるようになったが、生トマトは今でもだめです…」(39歳)

アボカドの食感や見た目が嫌いだったけど、クラッカーにのせて、チーズと一緒に食べると、ただの美味しい食べ物でした。それ以来、外食のときはアボカドと名のつくメニューを積極的に注文しています!」(23歳)

「昔から秋の食材でが大嫌いだったのですが熟していない柿で色がまだ青みがかかっている硬いい柿なら食べられることがわかりました。熟してなくても甘くて美味しいんですね」(30歳)

納豆。関東で主人と出会い結婚。大の納豆好きな主人ですが私はニオイだけでもう勘弁状態。でも食べることができない悔しさで試行錯誤。納豆にネギ、辛子、大根おろし、しらす等入れてご飯にかけずそのままズルズルと食べるのが美味しいと知りました。健康にも良さそうです」(年齢不明)

●飲み会、合コン、婚活など「人との付き合い方」を変えてみる

 他人との距離感や恋愛のスタイル、知らず知らずのうちに凝り固まっていない? 億劫だった上司との飲み会や、実りがないと思っていた合コンも、やってみると得るものが多いそう。視点を変えて飛び込んでみると、人生が変わるとの声多数。

<改めて、飲み会の醍醐味>
「飲み会への参加。お酒が飲めないので、大半の飲み会はお断りしてきたけど、最近は仲のいい友達限定の飲み会には参加して、シラフのまま愚痴ります! みんな酔ってて覚えてないので、後で『あれどうなったの?』などと詮索されないのがいい」(33歳)

上司との飲み会。少人数や、時にはサシ飲み。自分が年齢を重ねたこともあるけれど、意外と苦痛ではなかった。さらに上司とのコミュニケーションがとりやすくなり、良いこと尽くめ!」(年齢不明)

「飲み会。無意味で出費だけという印象だったが、趣味の飲み会に参加してから、視野が広がった。毎月はきついが、刺激が欲しい時は飲み会に参加するのも良いと前向きに思えるようになった」(28歳)

<婚活、合コン、どんと来い!>
婚活パーティー。初めは抵抗があって、友達と一緒でもドキドキしたけど今は一人でも余裕(笑)」(29歳)

合コン、街コン…おつきあいは恋愛から始まるものだと思い、あまりそういう場に行かなかったが、恋愛云々以外に、いろいろな人と話す機会ができてよかった」(27歳)

合コン。今まで日常の中にいる人を少しずつ好きになってきたから、合コンという場で好きな人を見つけられるわけがないと思っていた。友人の付き合いで行ってみて、いつもなら話さないような人と会話ができ、新たな発見を得ることができた。好意を寄せられるような人とは出会えてないが自分という人間の幅を広げられた気がした」(26歳)

街コン。社会人になりたての10年以上前に、いわゆる婚活パーティーに行ったのですが、初対面の男性たちと会話ができない自分の気まずさに辟易して嫌な印象でした。ですが、先日初めて街コンに参加したところ、自分の年齢が上がり経験値が増えたからか、初対面でも会話が弾み楽しかったです」(36歳)

<新しい恋愛のカタチ>
「昔はルックスが好みの人しか好きになれなかったのが、初めて中身から好きになった人の方が、長続きしたこと」(34歳)

「年下の彼氏。年上としかお付き合いしたことなかったし、そちらの方が自分には合っていると思っていましたが、年下の彼とこれまでで一番うまくいっています」(34歳)

<異業種や異世代の人とも…>
自分から誘うこと。友人含め、誘われることが多く…幹事のとき以外は誘うことがなかった。誘うことで、色んな人・物・ことや考え方に出会えるようになり、視野がまた広がっている」(34歳)

あまり親しくない人とのランチ。仕事で少し関わったら、ランチに誘ってみる。ハードルが高いが、仕事にもプライベートにも役立つ情報が引き出せる、与えられるということがある」(41歳)

「初対面の人と話すのが苦手、と思い込んでいた。朝食会や街コンなどで場数を踏むうちに、楽しくなってきた」(29歳)

パートのおばさま方とのお茶会。年齢が違いすぎてつまらないかなと敬遠していたが、女同士、意外と盛り上がった。おばさま方はいろんなネタを持っている!」(25歳)

<いつも人と一緒なら、おひとりさまに挑戦>
ひとりランチなど。レストランやラーメン店でも、ひとりで入れるようになりました。周りを気にせず自分のペースでいられるので楽です」(30歳)

ひとりで食べ歩き。ひとり外食は寂しく思われるかと気にしていたが、東京に来てひとりごはんの人が多く、気にならなくなった」(30歳)

ひとり映画に抵抗があり、今までは絶対友達か彼氏と行っていました。先日急に時間が空き、丁度観たかった映画がやっていたのでひとりで映画を観ることに。隣を気にせず集中できるし、終わった後も映画の雰囲気に浸ったまま帰れてすごく良かった。ひとり映画にハマりそうです」(25歳)

ひとり海外旅行。 相手が見つかるのを待っていたらいつまでたっても行けないと思い(笑)、先日タイに行ってきました。ツアーに参加すれば移動も安心だし、他にもひとりで参加されている方もいました。食べたいものも妥協せずに探し回れるし、自分だけのために時間を使えるということと充足感があり、やみつきになりそうです」(27歳)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方グルメ旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ