• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性の退職理由、ホントのところは?

2014年11月10日

女性は男性に比べて、「ワークライフバランス」や「人間関係」を重視

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
退職理由のキーワードTOP50
退職理由のキーワードTOP50
退職理由(退職要因の分類)TOP6
退職理由(退職要因の分類)TOP6
男女別 退職理由(退職要因の分類)TOP6
男女別 退職理由(退職要因の分類)TOP6
世代別 退職理由のキーワードTOP30
世代別 退職理由のキーワードTOP30

 就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」を運営するヴォーカーズがまとめた退職理由に関する調査結果によると、退職の最大要因は男女とも「キャリア」だという。また女性は男性より「ワークライフバランス」や「人間関係」を重視していることも分かった。

 Vorkersに投稿された退職理由に関する社員からのクチコミ4万370件を分析したところ、最も出現率が高いキーワードは「仕事」(14.87%)だった。「他にやりたい仕事があった」「仕事の幅を広げるため」といった文脈で多く使われ、自分自身のキャリアと会社から与えられる業務やキャリアパスが一致しないことが退職の原因になっていると推測される。

 次いで出現率が高いキーワードは「上司」(5.04%)で、上司と良好な人間関係が築けない場合に退職要因の引き金になると考えられる。以下「環境」(4.87%)、「成長」(4.30%)、「給与」(3.86%)と続いた。

 抽出した上位50のキーワードを分類すると、男女とも「キャリア」に関するキーワード(仕事、キャリア、環境など)の出現率が約4割と最も高かった。女性はこれに「ワークライフバランス」(残業、家庭、結婚など)、「人間関係・社風」(上司、人間関係、雰囲気など)、「待遇」(給与、評価、待遇など)、「ハードワーク」(体調、ノルマ、体力など)、会社都合(リストラ、業績悪化、希望退職など)と続く。

 女性が特に男性より重視している要因は、「ワークライフバランス」(女性25.84%、男性13.06%)、「人間関係・社風」(女性18.67%、男性10.95%)、「ハードワーク」(女性9.29%、男性2.02%)だった。

 年代別で見た場合、20歳代―30歳代前半は他の年代に比べ「ワークライフバランス」に関する多くのキーワードが上位にランクインしており、特に20歳―25歳にその傾向が強く見られる。

 また20歳―25歳は「ハードワーク」関連のキーワードがトップ30位内に入っているが、26歳以降ではランクインしていない。一方、46歳―55歳で多く出現する「会社都合」関連は20歳―25歳ではまったく登場しなかった。

■関連情報
・VorkersのWebサイト www.vorkers.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ