• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「必ずできる」と声に出して言おう

2014年11月5日

佐藤綾子の「元気心理学」その5

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 魅力的な女性リーダーを目指す人たちの学びと出会いの場「日経WOMAN Networking フォーラムプレミアム2014」が2014年11月8日(土)に開催されます。今回もグローバルに活躍するトップランナーや各界を代表する方々が登壇。女性リーダーに必要とされるスキルやノウハウについてレクチャーしていただきます。そこで、フォーラムの前に、登壇者の一人、パフォーマンス心理学の専門家として知られる佐藤綾子さんに伺った「元気心理学」に関する記事を紹介します。どんなことにもメゲない自分になるためにはどうすればいいのか、その方法を分かりやすく紹介します。

 職場や人間関係などの些細なトラブルで、「ああ、もう大変…」と立ちすくんでしまい、スタートダッシュに失敗した、などという経験がある人も多いでしょう。

 職場や人間関係のストレスに、さらに体調不良などが重なったりすると、「本当に自分は何もできない」という無力感にとらわれてしまうようになるでしょう。これは心理学的に、その人の「ストレス耐性(ハーディネス)」の限界を超えた状態で、「デプレッション」と呼びます。苦しくて眠れない毎日はつらいですよね。

 こうして落ち込んだとき、あなたも私も自分の状態に追い打ちをかける言葉を口にしていませんか。「もうできない」「もう無理だ」といった言葉です。その言葉を口にすることで、ネガティブな心理状態に拍車がかかり、自身の言葉でよけいに落ち込んでしまうという悪いスパイラルに陥りがちです。

 けれど、人間には、ストレスやトラブルに対処する「ストレスコーピング」という能力が備わっています。そこで今回は、この能力を発揮するための方法を提案します。

 落ち込みの原因となる「できない」を英語でいうと、「impossible」。この単語をよく見ていると、面白いことに気づきます。なんと、「I」と「m」の間に、アポストロフィーを加えるだけで「I'm possible」となります! 文字通り、「私はできる」という意味に変わるのです。「たった点ひとつの問題」と思いますか? そう、たった「ひとつ」なのです。あなたが落ち込んだ時に「できない」と言った途端、解決策すら考えなくなってしまう。その状況を変えるためには、「できる」と一言、口に出すことが必要です。

 できれば、「必ずできる」と言いましょう。「必ず」という字をじっと観察してみてください。「心」という字に1本線が加わり、斜めに「たすき」掛けをしています。心に「エイッ」とたすきを掛け、やる気満々のように見えてきますね。

 どんなときも、「必ずできる」とつぶやくこと。人間は感情の動物ですから、暗示が働きます。そこからさらに、論理的に考え続けましょう。

 まず、今問題だと思うことを項目別に書き出してみてください。例えば「部下がちっともやる気にならない、それが問題だ」とあなたが思っていたとしましょう。この「問題」を「課題」に書き換えます。すると、「やる気のない部下にやる気を起こさせる」という課題に変わりますね。

 次に、その課題解決のための方法を3つだけ書いてみてください。

ステップ1:部下に比較的ハードルの低い問題を、まず与えること

ステップ2:それができたら、きちんと褒めてあげること

ステップ3:さらに個人的に褒めた上で、その事柄を本人から発表させてパブリックにし、次のより大きなチャンスにつなげてあげること

 そしてあなたは、「必ずできる」と口に出して言い、書き出したステップ1をとにかく実行すればいいのです。実際に行動することで、あなた自身が一番ホッとするはず。「できない」と口に出してしまったらおしまい。まずは「必ずできる」と口に出し、問題を課題化することです。

 年の初めにそんなプロセスを身に付けて、人生を楽しめる1年にしてみませんか?

プロフィール
佐藤綾子
佐藤綾子さん
さとう・あやこ/日本大学芸術学部教授。博士(パフォーマンス心理学)。上智大学大学院、ニューヨーク大学大学院修了。科学的な分析データ満載の『非言語表現の威力―パフォーマンス学実践講義』(講談社現代新書)など著書177冊。 佐藤綾子の体験セミナーの申し込みは、HPにて受付中 ⇒ http://www.spis.co.jp/seminar/

日経WOMAN Networkingフォーラムプレミアム2014開催

日時:2014年11月8日(土)10:00~20:00予定
場所:六本木ヒルズ アカデミーヒルズ
受講料:2万8000円(税込み) ◆詳細はこちらから→ http://special.nikkeibp.co.jp/as/201407/wnfp2014/

■■各界を代表する魅力的な講師陣による講演多数

<講演プログラム>
ニュースキャスター 安藤優子さん
高島屋 専務取締役(代表取締役) 肥塚見春さん
対馬ルリ子 女性ライフクリニック銀座院長 対馬ルリ子さん
日本大学芸術学部教授 佐藤綾子さん
日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクター 中竹竜二さん
キャリアアドバイザー ブラマンテ代表 田島弓子さん
グーグル 執行役員 岩村水樹さん

※18:20~20:00にはネットワーキング・パーティーも!

日経WOMAN 2014年1月号掲載記事を転載
この記事は雑誌記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術人間関係の悩み暮らし方ライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ