• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

人に好かれる「自慢」をする方法

2014年11月3日

佐藤綾子の「元気心理学」その3

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 魅力的な女性リーダーを目指す人たちの学びと出会いの場「日経WOMAN Networking フォーラムプレミアム2014」が2014年11月8日(土)に開催されます。今回もグローバルに活躍するトップランナーや各界を代表する方々が登壇。女性リーダーに必要とされるスキルやノウハウについてレクチャーしていただきます。そこで、フォーラムの前に、登壇者の一人、パフォーマンス心理学の専門家として知られる佐藤綾子さんに伺った「元気心理学」に関する記事を紹介します。どんなことにもメゲない自分になるためにはどうすればいいのか、その方法を分かりやすく紹介します。

 あなたは人の自慢話に、思わずウンザリした経験がありませんか?

 実は心理学的に言えば、人間は「自慢したい欲求」から解放されることはありません。なぜなら、みんな心の中に大なり小なり、プライドがあるからです。このことを「自尊欲求」と呼びます。自分のことを誰かに聞いてほしい「自己表現欲求」と共に、誰にでも心の中にある欲求です。

 しかし実際には、自分の良いところを上手にアピールできている人と、「自慢っぽくて聞いていられない」と嫌われる人に分かれてしまいます。

 なぜでしょうか?

 面白い例をひとつご紹介します。

 ちょっと前の話ですが、林文子横浜市長を囲む「あやの会」という400人ほどの集いがありました。私は、この会の名誉後援会長を務めています。

 席上、林市長から市政報告がありました。60分間で「待機児童ゼロはこうやったらうまくいきました」「国際会議の誘致」「赤字減らしのためにした様々な努力と成果」などの成功話が次々と飛び出しました。

 この話にはそれぞれ枕詞がついていました。最初の話には、「あらヤダ、また自慢になっちゃうけど、自慢と思わないで聞いてくださいね」。次の自慢話には、「ま、いいか。これは内々の会ですからね」。これには、聞いていた人たちもニコニコしていました。

 さて、ここには“好かれる自慢話”の3つのヒントが隠れています。

(1)「話し方」が重要であること

(2)話す相手が敵か味方かどうか

(3)フォーマルな場かインフォーマルな場かの見極め

 まず1番目の「言い方」です。「あらヤダ、また自慢になっちゃう」とニコニコしながらの自慢話にはユーモアが生まれます。会では、これが8回繰り返されました。

 でも、こんなユーモアも、もし聞いている人たちが話す人に敵意や嫌悪があれば通用しません。

 だからこそ、2番目の「相手が敵か味方か」は重要なファクターになります。この好例が、世界中でよく知られている「釣り人の自慢話」です。釣り好きが集まると、次々と釣った魚の自慢話になります。けれどお互いに趣味が一緒ですから、話を好意的に受け止めてくれる人、つまり味方であるため、自慢のし合いも楽しく感じられます。しかし同じ話でも、興味がない人、好意的に受け止められない人にとっては退屈でしかないでしょう。後者が「聞いていられない」と感じる要因になります。

 3番目の「フォーマルかインフォーマルか」は、話す内容の見極めに重要です。例えば、フォーマルな場である正式な社内プレゼンや、新規クライアントへの改まった話では、自慢は一切慎むべきです。

「すごいと思いません?」といった共感を促す言葉は、余分な自慢感情の発露としか受け止められないでしょう。それよりも、正確な固有名詞と数字を含めて、客観的なエビデンスを実物大で伝えることが最も大切なことです。

 一方、あなたが仲間内の場で、「少しくらい自慢をしたい」と思うなら、以下のことに注意をしましょう。言い方にユーモアを込め、相手が味方かどうかをよく確認し、公共の場では感情的な自慢は控えることです。

 この3つさえ守れば、「たまには自分のことを印象的に伝えたい」と思うあなたの欲求は充分に満たされます。なおかつ、聞いた相手からも好感を持たれるようになるはずです。

プロフィール
佐藤綾子
佐藤綾子さん
さとう・あやこ/日本大学芸術学部教授。博士(パフォーマンス心理学)。上智大学大学院、ニューヨーク大学大学院修了。科学的な分析データ満載の『非言語表現の威力―パフォーマンス学実践講義』(講談社現代新書)など著書177冊。 佐藤綾子の体験セミナーの申し込みは、HPにて受付中 ⇒ http://www.spis.co.jp/seminar/

日経WOMAN Networkingフォーラムプレミアム2014開催

日時:2014年11月8日(土)10:00~20:00予定
場所:六本木ヒルズ アカデミーヒルズ
受講料:2万8000円(税込み)
◆詳細はこちらから→ http://special.nikkeibp.co.jp/as/201407/wnfp2014/

■■各界を代表する魅力的な講師陣による講演多数

<講演プログラム>
ニュースキャスター 安藤優子さん
高島屋 専務取締役(代表取締役) 肥塚見春さん
対馬ルリ子 女性ライフクリニック銀座院長 対馬ルリ子さん
日本大学芸術学部教授 佐藤綾子さん
日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクター 中竹竜二さん
キャリアアドバイザー ブラマンテ代表 田島弓子さん
グーグル 執行役員 岩村水樹さん

※18:20~20:00にはネットワーキング・パーティーも!

日経WOMAN 2014年4月号掲載記事を転載
この記事は雑誌記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術人間関係の悩み暮らし方ライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ