• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性の味方「エクオール」を知ってますか?

2014年10月21日

ホルモンバランスを整えて不調改善&キレイに

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 日本人が昔から食べてきた大豆には、女性にうれしい効用がたっぷり。そのパワーの源となる「エクオール」に注目。

 大豆をよく食べる地域では、心臓病が少ない、骨粗しょう症による骨折が少ない、乳がんや前立腺がんが少ない、更年期の不調の訴えが少ない──といったことが明らかとなり、今や大豆は、世界が認める指折りの健康食材として関心を集めている。そのカギの一つが、大豆に含まれるポリフェノール、「大豆イソフラボン」だ。

 しかし、大豆イソフラボンの摂取が、これらの不調や病気の予防や改善に役立つかを検証する研究では、必ずしも好ましい結果ばかりが出ているわけではなかった。同時に分かってきたのは、大豆イソフラボンの“効きやすさ”に、個人差があるということ。

 大豆イソフラボンには、いくつかの種類がある。そのうちの「ダイゼイン」から腸内細菌の働きによって生み出される「エクオール」が、大豆イソフラボンのパワーの源となり、ホルモンバランスの乱れを原因とするさまざまな不調の改善に役立っているようだ。

若い女性では恩恵が少ない?!

 残念なことに、エクオールを生み出す「エクオール産生菌」は、すべての人の腸内にいるわけではない。つまり、体内でエクオールを作れるかどうかが、大豆イソフラボンの効果に影響を及ぼしていると考えられる。

 いくつかの研究から判断すると、日本人は約50%、欧米人は約30%が体内でエクオールを作れるようだ。中国や台湾などもエクオールを作れる人が多い地域で、この差は大豆の摂取量をはじめとする、食生活の違いの影響ではないかと考えられている。

 ただし気になることに、日本人でも若い女性ではエクオールを作れる人が少ない傾向がある。50歳で約50%、20歳で約20%という報告もあり、若い女性は欧米人並みの低さといえる。食生活の欧米化が影響しているのかもしれない。

 大豆イソフラボンからエクオールが作り出せない人は、エクオールそのものを摂取したらいいのでは? ということで行われた数々の試験の結果、ほてり、首や肩の凝りといった更年期特有の症状の改善、骨密度低下の予防、悪玉のLDL-コレステロールを減らす、動脈硬化や糖尿病のリスクを表す指標を改善──といった効果が確認された。

月経前症候群(PMS)の精神症状(憂うつな気持ちや不安感、集中力の低下など)は、エクオールが体内で作れる人の方が軽いという報告がある(東京医療保健大学紀要;2,1,39-42,2006)。その他の効用についての参考文献は、「日本女性医学学会雑誌;20,2,313-332,2012」。
大豆イソフラボンは大きく3種類に分けられる。そのうちのダイゼインに、ある種の腸内細菌が働くと、エクオールができる。しかし、エクオールを作る腸内細菌がいるかどうかは、長年の食生活の影響が大きいと考えられている。
エクオール作れる? 作れない?
日本の中でも地域差が……!


 日本国内でも、エクオールを作れる人が多い地域と少なめな地域があるようだ。エクオールが作れるかどうかを調べる郵送検診キットを販売するヘルスケアシステムズは、全国で1058人を対象に、本キットを用いた調査を行った。対象者は6歳から81歳の女性(平均45.6歳)。地域ごとにエクオールが作れる人の割合を出してみたところ「関西が低め」という結果に。
 なぜ関西が? 理由は定かではないが、過去には「骨折に最も大きな影響を与えている食因子は、骨を丈夫に保つビタミンKが豊富な納豆の摂取。納豆の摂取量が少ない関西以西で骨折リスクが高い」との報告も(Eur.J. Epidemiol.;23,3,219-225,2008)。納豆を食べず大豆の摂取量が少なくなることが、エクオールの産生に影響しているのかも?!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識カラダの悩み・病気健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ