• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

安全な食品なら1割以上高くても買う?

2014年10月2日

食品を購入する際に最も気にすることは「産地」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
食品購入時に最も気にすることは
食品購入時に最も気にすることは
食品購入時に心がけていることは
食品購入時に心がけていることは
食の安全性について気にするか
食の安全性について気にするか
安全性が気になるカテゴリーは
安全性が気になるカテゴリーは
安心・安全な食品なら高くても購入するか
安心・安全な食品なら高くても購入するか
安心・安全な食品なら高くても購入するか(世代別)
安心・安全な食品なら高くても購入するか(世代別)

 フィールドリサーチを手がけるソフトブレーン・フィールドは、食の安全に関するアンケート調査の結果を発表した。それによると、女性の約6割が信頼できる食品なら1割以上価格が高くてもかまわないと考えている。

 30―40歳代を中心とする20歳代以上の既婚女性933人に、普段の食品を購入する際に最も気にすることを尋ねたところ、「産地」(27.9%)が1位に挙げられ、「価格」(27.5%)が僅差で続いた。3位は「鮮度」(19.4%)、4位は「味・おいしさ」(13.9%)、5位は「賞味期限・消費期限」(6.1%)となった。

 食品の購入時にする行動は、「産地を確認する」(67.4%)が最も多く、「食品添加物が大量に入っている商品を避ける」(59.5%)、「信頼できるお店を利用する」(56.6%)も半数を超えた。

 食の安全性を気にしているかとの質問に対し、「常に気にする」との回答が50.3%にのぼった。48.3%は「食材によって気にする」と答え、安全性を気にするカテゴリーは1位から順に「精肉」、「鮮魚」、「青果」、「冷凍食品」、「米」となった。

 安心・安全な食品を購入できるとしたらどの程度の金額まで許容できるか聞くと、「10%程度なら高くても購入する」が41.1%を占め、次いで「5%程度」が29.9%だった。また、約2割が30%以上高くてもよいと答えている。

 世代別で見ると、年齢が上がるに連れて安心・安全のためには価格をいとわない傾向が高くなる。20歳代と30歳代では「10%程度―2倍以上でも購入する」がそれぞれ53.9%と55.2%だったのに対し、40歳代は62.0%、50歳代以上では69.8%と大きく差が開いている。

■関連情報
・ソフトブレーン・フィールドのWebサイト www.sbfield.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お買い物・節約術グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ