• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

世界で輝く女性たちが一堂に

2014年9月18日

「女性の力を成長の源泉に」公開フォーラムリポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

9月12日~14日まで3日間にわたって、政府、日本経済団体連合会、日本経済新聞社、日本国際問題研究所が主催する「女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム」が開催された。初日の12日は、「女性の力を成長の源泉に~変化の時代に、競争力を高めるダイバーシティ~」と銘打った公開フォーラムを実施。2020年までに指導的地位に女性が占める割合が少なくとも30%程度になるよう、女性の活躍を推進するという政府の方針もあり、女性はもちろん男性たちも、登壇者たちの話に熱心に耳を傾けた。

 安倍晋三内閣総理大臣のスピーチで幕を開けた同フォーラム。IMF(国際通貨基金)専務理事のクリスティーヌ・ラガルド氏は基調講演で、世界における女性の労働参加率や上級管理職における女性の比率と日本の現状を紹介しながら、「日本女性の労働参加率がG7の平均値に引上げられれば、日本の一人あたりの所得は4%増加する」と話し、女性のためということはもちろんのこと、個人消費の7割は女性が支えているという点からも、経済を成長させたければ女性に主導権を握らせなければいけないと語った。

IMF専務理事のクリスティーヌ・ラガルド氏

 また女性にエンパワーメントを与えるには(1)経済政策、(2)法と制度、(3)考え方や文化の3つを変革することと提示。緒方貞子氏が国連での仕事をするきっかけを作った市川房枝氏を例に、高い地位にある人が行うメンタリングの重要性を説き、会場の関心をひいた。

 質疑応答では、議員や企業の役員などに女性比率を設ける「クオータ制(割当制)」について聞かれ、割り当てられるのではなく「実力で選ばれるべきだと思う」としながら、「必要性があるときに、ある一定期間、ギャップが埋まるまでなら、必要だと今は思っている」と答えた。

 続いて、内閣総理大臣夫人の安倍昭恵氏と、トニー・ブレア元英国首相夫人で女性のためのシェリー・ブレア基金創設者のシェリー・ブレア氏を迎えた特別対談「女性が輝く社会に向けて」が行われた。昭恵夫人の“家庭内野党”の真意や、2人が関わっているアジア女子大学の意義などを語った。

右から、シェリー・ブレア氏、安倍昭恵氏

 ファーストレディという影響力のある立場にあるからこそ取り組みたいこととして、「世界中が平和になるために、何かできたら」と話す昭恵氏。ミャンマーで学校づくりにも取り組んでいることに触れ、「教育は大切だが、そこで学校に通える子供とそうでない子供に格差や嫉妬が生まれてしまう。そうならないために、何ができるのか、いつも悩んでいる」という。

 一方、首相夫人という立場でなくなったからこそ「自由が増え、女性の権利について運動ができる」というシェリー氏は、「字の読めない人の6割は女性だということを忘れてはならない。強い決意をもって、座して待っていてはいけないし、女性の夢を制限してはいけない」と言葉を続けた。

 ヒラリー・クリントン前米国務長官からも、「教育や健康など幅広い分野でジェンダーギャップが小さい国ほど、競争力が高く、繁栄している。女性の活用を推進するのは、単に正しいことだからとか、私が女性だからとかではなく、そうすることが必要だからだ」とビデオメッセージによるエールが届いた。

 このビデオの案内役は、女性初の駐日米国大使であるキャロライン・ケネディ氏が務めた。祖母や母、自分自身が、それぞれの時代で女性としてどう輝き闘ってきたかや、日本で出会った女性たちについても語った。

 プログラムの最後は、パネルディスカッション「女性の活躍が企業競争力を高める」。経団連会長(東レ会長)榊原定征氏、ディズニー・メディア・ネットワークス共同会長、ディズニー/ABCテレビ社長アン・スウィーニー氏、アストロ業務執行取締役兼CEOロハナ・ロズハン氏、マッコーリーグループ会長ケビン・マカーン氏、ANAホールディングス社外取締役小林いずみ氏といった国内外のビジネスリーダーたちが参加し、自社の女性活用の現状や、課題、自身のキャリア形成について率直に話した。

 榊原氏は、「経団連としても経営トップに意識改革を呼びかけており、女性の役員・管理職登用に関する目標や、実現のための具体的な取り組みを策定するよう会員企業約1300社にお願いした」という。7月に49社の計画が公表されており、「男性中心の社会は急激に変わりつつあると思う」と力強く締めくくった。

文=橋本伊津美、写真提供=日経ウーマノミクス・プロジェクト

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ