• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ほうれい線や老け顔に効く!三つの顔ヨガ

2014年9月6日

「顔のむくみ」「ほうれい線」「まぶたのたるみ」を解消する基本の顔ヨガ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 顔全体の筋肉をダイナミックに動かして血流やリンパを広範囲に刺激してから、肝心な「ほうれい線」、そして老け顔の原因となる目元と、特に気になる部分をケアできる「顔ヨガ」の基本を紹介します。顔ヨガ効果を高めるには、最低5秒、同じポーズをキープすることが重要です。

基本の三つの顔ヨガで意識したい筋肉
マイクロフィルムで保存されているものもたくさんあります。

 私たちの顔の筋肉の約7割は使われていないといいます。顔ヨガは、普段使っていない表情筋を大きく動かし、血液やリンパの流れを良くして、筋肉の柔軟性を取り戻します。

 ほうれい線を薄くするためにも最初に行いたいのが、広範囲の表情筋をダイナミックに伸縮させるこのポーズ。縦、横、斜めに筋肉を動かすことで、すぐにむくみが取れます。

 目を閉じるときに使う「眼輪(がんりん)筋」、上唇を引き上げるのに使う「上唇鼻翼挙(じょうしんびよくきょ)筋」、眉間を引き下げる「鼻根(びこん)筋」を意識して大げさなくらいに動かします。コツは「動作をゆっくり行うこと」(柳瀬さん)。皮膚臨床薬理研究所相談役の北澤秀子さんも「顔の筋肉に負荷をかける場合は最低5秒はかけて」と話します。ポーズが完成したら、5秒間キープを。

全体の筋肉を大きく伸縮させて、“流れ”を改善!
I 顔全体のむくみを取る

顔を中心に寄せ、ギュッと縮める
鼻を中心として、顔全体の筋肉をできるだけ小さくギュッと縮めます。口は突き出すのではなく、鼻に向かって持ち上げる感じに。
顔を上下に引き伸ばす
顔をできるだけ縦方向に引き伸ばします。目も口も、細長い形になるようにイメージして。
そのまま口角を引き上げる
縦方向に伸ばした状態を維持しつつ、口角だけを目尻に向かって引き上げます。口の形が逆三角形になるイメージで。頬に緊張を感じてください。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
スキンケアカラダの悩み・病気健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ