• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「コンビニコーヒー派」の女子が急増中!

2014年7月17日

コンビニドリンク、手軽さ・低価格・本格的な味も魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 日経ウーマンオンラインでは、働き女子の「夏のドリンク事情」について、独自調査を行いました。前回の記事(「カフェ浪費女子」の平均カフェ代は?)では、夏のカフェ代が働き女子のお財布を圧迫しており、節約の一環としてコンビニを利用している実態をお伝えしました。今回は、働き女子がコンビニでどのようなドリンクを購入しているかなど、コンビニ活用事情を紹介します。


【調査概要】
●調査期間:2014年05月30日(金)~2014年06月12日(木)
●回答数:299名

 まずは前回のおさらいも含めて、働き女子のカフェ事情をご紹介!

■1日に購入するドリンクは「1杯」が6割強

 夏は1日に平均何杯(何本)のドリンクを購入しますか、という質問には、64.2%の女性が「1杯」と回答。「2杯」は23%、「3杯」は6.6%という結果でした。「5杯以上」と答えた人も3.5%いました。

夏は1日に平均何杯(何本)のドリンクを購入しますか?

■働き女子、ひと夏のカフェ代は、1万1121円!
 80%以上の女性が「高い」と感じている

 ドリンクを飲みながら特別感が味わえる場所と言えば、コーヒーショップやカフェ。コーヒーショップやカフェでドリンクを購入する頻度を聞いたところ、半数以上の女性が週2回以上カフェなどに足を運ぶことが分かりました。中にはなんと「週に7回以上」というツワモノも!

夏に、コーヒーショップやカフェで1週間にドリンクを購入する頻度は?

 ただ、カフェ代は働き女子のお財布に少なからず影響を与えているようです。コーヒーショップやカフェで、1回に購入するドリンクの価格について聞いたところ、平均値は「392.2円」と判明。さらに、この数字と、上のグラフのデータから算出したひと夏(12週間)のカフェ代は、平均「1万1121円」という結果になりました。

 実際、コーヒーショップやカフェのドリンクの値段について、高いと感じるか、安いと感じるかについても質問したところ、「高すぎる」(8.7%)「高い」(28.5%)「やや高い」(45%)を合わせて82.2%に上るなど、多くの女性が、カフェのドリンクの値段を高いと感じていることが分かりました。

コーヒーショップやカフェのドリンクの値段についてどう感じる?

■夏のコンビニでも人気! コーヒー&カフェラテ・カプチーノ

 一方、コーヒーショップやカフェに比べ、手軽さや低価格が魅力のコンビニ。働き女子がコンビニでドリンクを購入する際の、1回あたりの価格の平均値は「179.4円」。コーヒーショップ・カフェの「392.2円」とは、200円以上の差がつきました。

 「夏によくドリンクを購入する場所はどこですか」という質問でも、コンビニは70%の女性から支持を集めています

夏ドリンクをどこで買うことが多いですか?

 夏にコンビニでどのようなドリンクを購入するかについてもたずねました。1位は「お茶」の47.3%ですが、「コーヒー・アイスコーヒー」(38.3%)と「カフェラテ・カプチーノ」(24.2%)、「フラッペ・フラペチーノなどのフローズンコーヒー飲料」(3.7%)を合わせて66.2%と、コーヒーやコーヒー系飲料の人気が根強いようです。

 店でいれた挽きたてコーヒーを飲めるコンビニが増え、「コンビニのコーヒーはおいしい」というイメージが定着しつつあることも、影響していると考えられます。

夏に、コンビニではどのようなドリンクを購入しますか?

■気軽に本格的な味を楽しめるコンビニドリンク

 「コーヒー以外でも、コーヒーショップやカフェで売っているようなドリンクがコンビニでお手頃に買えたら利用したいですか」という質問には、35.2%が「利用してみたい」と回答。「やや利用してみたい」(28.9%)と合わせ、64.1%の女性が、味や品質がよければ、コンビニでドリンクを購入したいと考えているようです。

コーヒー以外でも、コーヒーショップやカフェで売っているようなドリンクがコンビニでお手頃に買えたら利用したい?

 コンビニでコーヒー以外のドリンクも購入したいという人に、具体的な理由を聞いたところ、「お店に行かなくともすぐ近くにあるコンビニで買えると便利だから(30~34歳/大阪府)」「コンビニならどこでもあるから(30~34歳/千葉県)」など、思い立ったらすぐ買える便利さを挙げる声が多く集まりました。

 また、「コーヒーショップは美味しいですが、お値段が高めなので毎日は買えません。もう少しお手頃価格(200円くらい)だと買いやすくやります(30~34歳/神奈川県)」「お店の中で飲まないときはコーヒーショップだと割高でもったいない気がするが、コンビニなら気にせず購入できる。どこに行ってもあるのですぐ購入できる(30~34歳/東京都)」「割安なので、手軽に色々な種類の物を飲める(年齢不明/大阪府)」とお得感もコンビニならではの魅力のようです。

 さらに、「カフェやコーヒーショップよりも気軽に試せそうだから(年齢不明/岡山県)」「気軽に買えるし店舗が多いから(30~34歳/東京都)」「手軽に買えるしコンビニのポイントも貯まるから(25~29歳/神奈川県)」「いつでもどこでも本格ドリンクが手軽に飲める(25~29歳/兵庫県)」と、「気軽さ」「手軽さ」の面でも働き女子の熱い視線を集めています。

 カフェに比べて敷居が低く、手軽に本格的な味を楽しめるコンビニ。進化を続けるコンビニドリンクを傍らに、夏のカフェタイムを満喫してみてはいかがでしょう。

文=高橋三保子

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメヘルス&ビューティお買い物・節約術暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ