• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

都議会以外でも! 働き女子のセクハラ体験

2014年7月12日

「結婚はまだ?」「昇進試験を辞退しろ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 東京都議会で、妊娠・出産についての質問をしていた女性議員に対し、男性議員が「早く結婚した方がいい」「自分が産んでから」などの野次を飛ばしたことが社会問題になりました。

 日経ウーマンオンラインでは、この問題を含むセクハラ全般について思うこと、最近受けたセクハラ体験について、働き女子307人を対象にアンケート調査を実施。多くの女性が、心ない言葉や行動に傷ついたり、不快な思いをしたりした経験を持っている実態が明らかになりました。


【調査概要】
◎調査期間:2014年7月1日(火)~2014年7月7日(月)
◎回 答 数:307名

■都議会での野次は「セクハラでなく人権侵害」

 メディアでも連日大きく取り上げられた、都議会でのセクハラ発言問題。読者からは、「今回の発言はセクハラというより、人間として問題ある発言。しかも、その人は選挙で選ばれた議員。日本人のレベルの低下を感じました」(39歳)「都議会におけるセクハラ発言という表現がふさわしいとは思えません。人権侵害だと思います」(30歳)といった厳しい意見が寄せられました。

 また、自分の境遇と重ね合わせ、つらい気持ちになったという女性も。

 「ものすごく悲しかった。私は、医師に妊娠をあきらめるよう言われました。産めない私は、世の中の重荷なのかと感じました」(38歳)

 「周りの男性(20代~60代)は『そんなことでガタガタ言って』『女は弱いな』という考えのようでした」(32歳)と男女の意識の違いを指摘する声もありました。

 「日本人男性の女性に対する意識が根本的に変わらなければ、セクハラはなくならないと思います」(41歳)

 働く女性たちは、セクハラ問題の根深さを肌で感じているようです。

■「いつ結婚するの?」「子どもはまだ?」
 言葉によるセクハラ【20代】

 これまで職場で受けたセクハラについて、たくさんの女性が体験談を寄せてくれました。中でももっとも多かった「言葉によるセクハラ」を、年代別にご紹介します。

 20代の読者は「結婚しないの?」「子どもはまだ?」など、結婚・出産に関するひと言に不快な思いをした経験を持つ人が多いようです。

「いつ結婚するの?」(27歳)

「結婚してから、子どもの予定は? と飲み会のたび上司に聞かれた。不快な気分になった」(28歳)

「飲み会の席で、上司から『いつ子どもを産むつもりなのか』『乳がんは旦那が発見者になることが多いらしいね』と言われた時、セクハラになり得るのでは…と思いました」(27歳)

「『産め』『早く帰ってご飯つくれ』『女なんだからおとなしくしてないと』『短いスカートはけ』『もっと色気のある女がこの職場にもいればなあ…』は、しょっちゅう言われてます。すべて『ふふふ~そうですね~』でかわしてます」(28歳)

「『もう結婚してても良い頃なのにね?』とか『子どもは早く産まないと年を取ると辛くなるぞ~!』などと言われるたびに嫌な気持ちになっています。人それぞれの事情があるということを考えて発言してほしい」(29歳)

■「定年まで働く気?」「女はいるだけでいい」
 言葉によるセクハラ【30代】

 キャリアを積んだ30代の女性たちは、結婚・出産に関するセクハラに加え、女性としての働き方に対する心ない言葉に傷つくことも多いよう。「同じことを言われても、上司や目上の人に言われるとリアクションがとりづらく不快」(38歳)と、仕事上での力関係の違いから反論しづらい状況も、悩みの種になっているようです。

 女性たちの生の声からは、表向き男女平等をうたっていても、男性優位の考えが根強く残る日本企業の現状が見えてきます。

<結婚・体・プライベートに関するセクハラ>
「結婚してから男の上司や女の友人に『家事とかやってるの?』と面白がって聞かれたことが不快でならなかったです。バカにしないでと心の中で憤慨しました」(31歳)

「派遣会社の営業マンが仕事を休むたびに『妊娠ですか?』と聞いてきたこと。不快というより毎度毎度で呆れました」(33歳)

「取引先の前で『太った?』『誰か紹介してあげてくださいよ』と言われている女性がいました。社内ならまだしも、取引先や顧客の前での発言は良くないと思います」(37歳)

<働き方についてのセクハラ>
「『女性として働きたい人間は求めていない。女性らしくいたいなら今すぐやめて、化粧品会社に転職すれば?』と言われて泣きながら帰りました」(30歳)

「定年まで働く気なの!?」(35歳)

「女だからいるだけでいい、できなくてもいいといって仕事をやらせてもらえなかったり、状況を知らせてもらえなかったりなど仲間はずれにされた」(34歳)

「女性で出産や育児をするなら仕事は半人前だと言われた」(39歳)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩み働き方キャリア&スキル

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ