• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

消費者8割が数字のマジックに弱い?

2014年7月11日

数字は商品購入の際の大きな指標の1つだが…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
数字が商品購入のきっかけ・決め手になることはあるか
数字が商品購入のきっかけ・決め手になることはあるか
数字の算出方法・根拠を見極められる自身はあるか
数字の算出方法・根拠を見極められる自身はあるか
数字の信憑性や確実性を疑問・不安に思うことはあるか
数字の信憑性や確実性を疑問・不安に思うことはあるか
数字の見せ方の工夫:カロリー表記の例
数字の見せ方の工夫:カロリー表記の例

 トレンド総研は、消費者の購入動向に関する調査結果を発表した。それによると、「○割引き」「○%オフ」などの価格表記や「○%増量」といった容量などに関する数字は、商品購入の際の大きな指標の1つとなっている一方で、誤解や不安などにつながっている可能性があることが分かった。

 20歳代-60歳代の男女500人にアンケートを実施したところ、78%が、こうした数字が購入のきっかけや決め手となることがあると答えた。

 購入するときに数字を特に意識する商品カテゴリーは「飲料・食品」(82%)が最も多く、「家電・デジタル製品」(45%)、「衛生用品(シャンプーやティッシュペーパー、洗剤など)」(42%)と続いた。

 数字を注視する理由として、「他商品と比較する際に数字が便利だから」と意見が52%を占めた。しかし、数字の算出方法や根拠については73%が「見極められる自信がない」と回答し、63%が「信憑性や確実性を疑問・不安に思うことがある」と答えている。

 数字は商品の特徴を表す方法として使われ、数字が出ていることで消費者への説得性は増す。しかし、中央大学大学院客員教授でマーケティングサイエンスおよびマーケティングリサーチが専門の朝野煕彦氏は、数字の背景に注意する必要があると指摘している。

 数字に説得力を持たせるためにさまざまな工夫がされており、例えば、栄養の主成分の含有量が「1g」であるところを「1000mg」と単位を変えることで、より多い印象を与える。スナック菓子などのカロリー表記では、1袋100gで500kcalのところを「250kcal(50gあたり)」と書けば、ぱっと見には少ないように感じられる。

 表記されている数字が正しいのかどうか、また、正しいとしてそれが良いのか悪いのか、冷静な視点を持てば、数字のテクニックに惑わされたり、不安になったりせずに、上手な買い物ができるようになるかもしれない。

■関連情報
・トレンド総研のWebサイト www.trendsoken.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お買い物・節約術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ